科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT Network

Cascade Profilerを使うときの手順

投稿日:2013年11月29日 更新日:

目的を明らかにする

自分が何のデータを必要としているのかを明らかにするために、目的をはっきりさせる。目的はS+Vで記述する。

Sは場所+サービス + 情報の種類とする。場所はネットワークが提供しているサービスの地域とする。ネットワークは一箇所だけではないがなるべく絞り込むとレポートで情報を取得しやすい。サービスはエンドユーザーが実際に使っているアプリケーション、例えば、ファイル転送、メール、ウェッブなどがある。情報の種類はトラフィックボリューム、スピード、遅延、影響する機器。

  • 東京のトラフィックボリューム
  • 大阪のファイル転送のスピード
  • APJ全体のトラフィックの種類
  • 日本でウェッブ接続に影響するサーバー

Vは調査するきっかけによる。

  • 知りたい
  • 遅い
  • 障害が発生している

カスケードプロファイラの基本

カスケードプロファイラでまず頭に入れておくことはレポートタイプ。レポートは細かく分かれているのでこれを理解しないと、必要に応じたレポートを作るまでに時間がかかる。

ダッシュボードからレポート

ダッシュボードからのレポートはコンテントブロックと呼ばれ、以下の種類がある。主に全体的な傾向をつかむのに利用できる。

contentblock

この中でTop xxxxは現在プロファイラで対象となっているすべての監視対象となっている機器からのTop 10を取得できるの長期的傾向から改善策の提案や、短期的な全体情報を提供するのには向いている。ただしTopであり監視対象がすべてであるために特定問題の解決には向かない。

Watchedは機器をフィルタできるので特定機器の情報を取得するのに利用できる。

1つのダッシュボードではTop xxxを表示、2つめ以降のダッシュボードは地域別にWatchedを作成しておくと便利。

ダッシュボードの内容は以下にする。

  • 全体トラフィックボリュームの傾向
  • ホスト別トラフィック Top 10
  • ポート別トラフィック Top 10
  • アプリケーション別トラフィック Top 10
  • アプリケーションサーバー別トラフィック Top 10 (これはホスト→アプリケーションの組み合わせ)
  • フロー別トラフィック Top 10 (ピアツーピアでのトラフィック)

ただし地域別のメニューでは以下しか利用できないことに注意する。例えば地域別ポート別の情報はコンテンツブロックでは取得できない。

  • Watched Hosts
  • Watched Hosts Group
  • Watched Network Device
  • Watched Network Device Interfaces

コンテンツブロックから監視機器をクリックすることで以下の情報を取得できる。

  • トラフィックボリューム
  • アプリケーション/ポート別トラフィック
  • Qos別トラフィック

deviceoutput

レポートメニューからのレポート

レポートメニューからは4つの作成方法が選択できる。最初の3つはそれぞれホスト、インタフェース、アプリケーションでフィルタリングできる。4つめのメニューはAdvancedであり、より細かくレポートのパラメータを設定できる。

report_menu

  • ホスト: ホストでレポートをフィルタリングする。問題が発生しているホストが明らかであるときに利用する。
  • インタフェース: 情報を取得しているインタフェースでフィルタリングする。問題が発生しているセグメントはわかっているが、ホストやアプリケーションについて情報が得られない時に利用する。
  • アプリケーション:アプリケーション・ポートによりフィルタリングする。問題が発生しているサービスが明らかになっているときに利用する。

レポートの出力フォーマットには以下が利用できる。

大まかにアプリケーション/プロトコル、ホスト、ピア、ネットワーク、QoSに別れている。

選択するレポートの種類は現在利用できる情報と、知りたい情報により異なってくる。実際に起きる問題からレポートの選択方法を説明する。

問題  東京オフィスでネットワークトラフィックが全体的に遅い

この問題ではまずトラフィック全体からアプリケーション・ホストにブレークダウンして問題があるトラフィックを識別する必要がある。

利用できる情報は東京オフィスであるから、Riverbed Steelheadの機器名がわかる。ここではTokyo_RSHとする。

  1. ネットワークデバイス名でコンテンツブロックからデバイスの基本情報を取得する。

この作業でトラフィックボリュームが判明する。明らかにトラフィックが平常時より増えているなら、ボリュームによりトラフィックが増えていることがわかる。次にアプリケーション別のトラフィックを見て、特定のアプリケーションが帯域を占有していないかを確認する。

全体的なトラフィックが増えていないにもかかわらずネットワークパフォーマンスが遅い場合には特定のアプリケーションで障害が起きている可能性があるので、この場合もアプリケーション別トラフィックを見る。

注目すべきトラフィックは以下である。

  • ボリュームが大きいトラフィック
  • P2Pなど会社では利用しないアプリケーション
  • ストリーミング
  • マルチキャスト

問題  IPフォンでノイズが混じったりつながらない

一時的にIPフォンが使えない時には2つの理由が考えられる。

  • 全体的なトラフィックから影響を受けている
  • Voipトラフィックのボリュームが大きくQoSでもさばけない
  • QoSが正しく設定されていない

一番目の問題は問題1の手順で分析を進める。

2番目はVoip関連のトラフィックを洗い出す必要がある。ここで問題となるのがVoipに関係するホストとポートが明確になっていないためにトラフィックの絞り込みができないことだ。明らかにすべきトラフィックは2つある。

  • Voip制御トラフィック
  • Voip音声トラフィック

制御用トラフィックはPABXサーバーとの通信であるから、該当ロケーションで利用しているPABXのIPアドレスを取得する。このIPアドレスをHosts/Hosts Groupに指定する。

pabx_criteria

関連するサーバーの洗い出し

Hosts with Applicationを指定することで関連するサーバーを取得できる。洗い出したサーバーはすべてのパラメータに戻してあげることで、PABXに関連するサーバーを洗い出すことができる。

ポートの洗い出し

サーバーを洗い出したら、レポートタイプをApplication with Portに変更する。これでPABXで使用されうポートをすべて取得できる。ポートを洗い出したら、アプリケーションパラメータにこれらのポートを入力してトラフィックを確認する。

問題  QoSトラフィックが適切なDSCPで流れているかを確認する。

VoipではQoSを設定してパケットを流す。このDSCPが適切な値でないと、ノイズがまじったり、会話が切断される。このような問題が起きた時に意図しているQoSで流れているかを確認する。

わかっている情報は以下である。

  • PABXサーバー
  • クライアントIPフォンのIPアドレス

まずトラフィック全体でどのようなDSCPが設定されているかを確認する。AdvancedレポートからDSCP with Interfacesでレポートを流す。

dscp

この結果トラフィックに流れているDSCP一覧を取得できる。ここからインターフェースと知りたいDSCPを絞り込み、レポートのパラメータに設定する。

filter

これで該当ロケーションのDSCP値ごとにトラフィック状況を取得できる。見るべきポイントとしては

  • 予想していたDSCPでトラフィックが存在しているか。
  • Default以外のDSCPはすべて予期している値か。
  • ボリュームが適切か。

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT, Network
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PGP Desktopでrecontructionが利用できなくなった理由

パスフレーズを忘れたときにPGP Desktopではリカバリーすることはできず、もう一度新しいパスレーズを設定する必要がある。パスフレーズはキーのプロパティから変更できるが、過去には使えていたが現在は …

no image

Lyncのレジストリキー

Lync 2013クライアントの設定はレジストリに保管される。このキーの場所は以下になる。 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Lync …

no image

gitでコードを修正する場合に使ったコマンド

gitにpushしてからソースコードを一部変更したい git remote上での修正 git remote上で直接編集する。これは意味がない。新しいcommitとして取り扱われるだけ。   …

no image

tracertの分析

tracertを繰り返し実行した結果を分析し、経路上のホストについてどの程度時間がかかっているかを分析してみる。 tracertの結果は以下のように取得される。 $ tracert www.googl …

no image

vagrantをubuntuで利用するときのメモ

Vagratnt Vagrantはオープンソースで開発された仮想環境を効率良くインストールするためのツール。プラットフォームとしてはWindows, Linux, Macがある。対象とうなる仮想化ツー …

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー