科学の箱

科学・IT・登山の話題

機械学習 統計

前向き研究と後ろ向き研究

投稿日:

前向き研究と後ろ向き研究は疫学における用語である。

前向き研究で使われる研究手法にはコホートや無作為比較対照研究、ロジスティック分析がある。これらの研究ではサンプルをリスクファクター(危険要因)のあるなしや、要因へさらされる程度によってグループに分割し、長期間にわたって影響を観察する。要因にさらされる度合いをコントロールできるために要因と結果について正しい因果関係が得られやすい。研究には十分なサンプル数と長期間にわたる観察が必要であるために手間とコストがかかりやすいく、大規模な研究となる。

後ろ向き研究では発症したかしていないか、あるいは健康状態がよいか、わるいかでサンプルを2つに分ける。前向き研究とは異なりすでに起きた結果でグループを分け、リスクファクターの度合い、要因の寄与度を分析する。判別分析は後ろ向き研究に使われる。

ロジスティック分析と判別分析は似た方法であるが、独立変数、目的変数の条件が異なる。

ロジスティック分析は独立変数の効果をオッズ比から明らかにできる。また独立変数が正規分布に従う必要はない。ロジスティック分析では、オッズ比に より発生確率の変化のみを明らかにする。ロジステック分析ではオッズ比による確率分布を求めるために○か×の閾値をずらすことができる。またっ独立変数に量的尺 度だけでなく名義尺度を含むことができる。

判別分析の独立変数は正規分布に従う必要があるために量的尺度のみが対象となる。。また個々の独立変数の効果については考慮しない。判別分析では目的変数を判別するための閾値をみつける。

ロジスティック分析では目的変数が確率変数であってもよい。例えばある条件でも確率的に発生する場合と発生しない場合があるというのが許される。判別分析における目的変数は確定的であること、たとえば男と女とか、合格とか不合格であり誤差はゆるされない。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-機械学習, 統計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ANOVA(分散分析)の考え方

ANOVAには2つの側面がある。一つは3つ以上の集団で統計量について違いがあるかを検定する。もう一つは重回帰分析により各要因を説明変数としたときに目的変数に対する影響を計算する。 この2つは数学的には …

no image

dataanalysis-002-week2

Structure of Data Analysis 質問を定義する 理想的なデータセットの定義 アクセスできるデータの検索 データの取得 クレンジング Exploratory 統計的予測・モデリング …

no image

データ取り込み後に確認すること

# tidyデータの原則 # 1カラム = 1変数 # 1行 = 1観察 # 1テーブル = 1 unique key # foreign key to link # テーブル全体で見ること # カラ …

no image

dataanalysis-002-week6

prediction study motivation 手順 データの選択 エラーの測定 デザイン データの分割 トレーニング テスト 検証 true false positives true pos …

no image

カーネル密度関数

ようするにサンプルデータから、サンプルが存在しない領域についても値を計算し、全体の分布を推定する。 ヒストグラムはX軸は不連続な値であり、厳密にはX軸においては中間におけるY値は存在しない。 これを計 …

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー