科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT

Networker Enterprise Reportの使い方 – Backup Status

投稿日:2014年3月11日 更新日:

Backup Statusレポートについて種類と使い方をまとめてみる。

Backup Statusレポートの概要

Backup Statusレポートでは特定期間におけるバックアップの経過時間、savegroupの数、成功・失敗および中断、成功率についてまとめている。

下記がレポートが記録から取り出す値である。

  • Total Durations
  • Total Group Runs
    Total Group Runs = Successful + Failed + Interruptedとなる。
  • Successful
  • Failed
  • Interrupted
  • Success Ratioこの値は計算される。 Success Ratio = Successful / Total Group Runsとなる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

slickrunの日本語環境用magicword

jpdefault Related posts:Backup group contains no enabled clients , Enable one or more clients then r …

no image

Commvault ジョブプライオリティの設定

Commvaultでリストアを実施したが1Mbyte程度でもまったく終わらない。確認してみたところ並列でジョブが複数流れていることを確認。   ジョブのプライオリティが変えられるのではないか …

no image

ssl_error_no_cypher_overlap

Firefoxで突然出るようになったエラー。SSLで接続をするといくつかのサイトで”Secure Connection Failed”のエラーが出てくるようになった。 Secu …

no image

zabbixでsmtpをactionで利用する際の注意点

zabbixではトリガーイベントが発生した際にアクションとしてsmtpメールを送信してユーザーに連絡をすることができる。このときネットワークの設定が不完全だとエラーになる。 OS側でネットワークの障害 …

no image

midiで入力デバイスの一覧を取得する

マイクロフォンを使いmidiで録音をしてみる。下記のページからmidiデバイスの一覧を取得したが、肝心のマイクロフォンが含まれていない。 バイオリンのチューナーを作る – midiをさらに …

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー