科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT

VSSの設定がFailed to create storage area associationで失敗する

投稿日:2014年3月10日 更新日:

VSSでStorage Areaを設定する際に下記のメッセージで失敗することがある。

Failed to create the storage area association.
Error 0x8004231d: The specified shadow copy storage association is in use and so can’t be deleted.

Image 5

Storageエリアに対してVSSボリュームを関連付ける際に、有効なシャドウコピーがあると失敗する。

すでに関連付けられているシャドウコピーがあるか確認するためにはWindows 2008から提供されたdiskshadowコマンドを使う。

diskshadowに入るためにはコマンドラインを管理者権限で開始して、プロンプトにdiskshadowをと入力する。

C:\Users\usera>diskshadow
Microsoft DiskShadow version 1.0
Copyright (C) 2007 Microsoft Corporation
On computer:  TOKFS02,  3/10/2014 4:07:22 PM

シャドウコピーの一覧を取得する。

DISKSHADOW> list shadows all

Querying all shadow copies on the computer ...

        * Shadow copy ID = {07991446-8077-48b6-b8d1-4900ccf3bfc1}
<No Alias>
                - Shadow copy set: {eeffe972-17c3-415a-8035-42e33cf31082}
<No Alias>
                - Original count of shadow copies = 1
                - Original volume name: \\?\Volume{b9346b2f-a678-11e1-a878-000c2
9971afe}\ [E:\]
                - Creation time: 3/10/2014 3:49:25 PM
                - Shadow copy device name: \\?\GLOBALROOT\Device\HarddiskVolumeS
hadowCopy56
                - Originating machine: tokyo001.my.company.com
                - Service machine: tokyo001.my.company.com
                - Not exposed
                - Provider ID: {b5946137-7b9f-4925-af80-51abd60b20d5}
                - Attributes:  Auto_Release Differential

上記よりE:にシャドウコピーがあることがわかる。ボリュームE:についてストレージエリアを変えるときにはまずこのシャドウコピーを削除する必要がある。シャドウコピーを削除すればこれまでに作成されたバージョンについては利用できなくなるので、あらかじめテープバックアップなどをとっておく。シャドウコピーを削除せずに、ストレージエリアを変更することはできない。

シャドウコピーの削除方法はいろいろあるが、ボリューム単位で削除するのが手間がかからない。

DISKSHADOW> delete shadows volume e:
Deleting shadow copy {07991446-8077-48b6-b8d1-4900ccf3bfc1} on volume \\?\Volume
{b9346b2f-a678-11e1-a878-000c29971afe}\ from provider {b5946137-7b9f-4925-af80-5
1abd60b20d5} [Attributes: 0x00020000]...
Number of shadow copies deleted: 1

DISKSHADOW> list shadows all
Querying all shadow copies on the computer ...
No shadow copies found in system.

これでシャドウコピーを削除できたのでストレージエリアを変更できる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT
-

執筆者:


  1. ポンコツなサバ管 より:

    この記事で再起動することなくボリュームシャドウの取得先を変更することができました。
    大変助かりました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Nortel ERSでスタックが落ちた時のエラーメッセージ

I    4    2013-08-30 14:37:35 GMT+09:00 51       IGMP: Unknown Multicast Filter disabled I    4    2 …

no image

Dynamipisのインストール

Dynamipsを利用するときに2つのバージョンを利用できる。 Dynagen GNS3 DynagenはCiscoシミュレータであるDymapis本体が含まれている。それに対してGNS3にはシミュレ …

no image

muninのインストールと初期設定

インストール yum経由でインストールする。epelを有効にしておく。 yum –enablerepo=epel install munin ノードもインストールしておく。 yum –enable …

no image

muninによるWindowsの監視

muninでWindowsの監視をする。方法としては2通りあり、SNMPかWindows用のプラグインを利用する。 今回はWindows用のプラグインであるmunin-node-win32を使ってみる …

no image

VagrantでPrivate keyエラーが出たときの対処方法

Vagrantをsudo経由で利用しているとフォルダパーミッションの矛盾から、セキュリティエラーが出ることがある。 sudo vagrant ssh The private key to connec …

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー