科学の箱

科学・IT・登山の話題

Juniper

netmaskでケアレスミス

投稿日:

Juniperで再送するIPアドレスのネットマスクを間違えてしまいはまった話。

JuniperでRIPからOSPFへの再送を設定した。RIPには次の3つのIPアドレスがある。

  • 192.168.1.0/24
  • 192.168.4.0/24
  • 192.168.5.0/24

この3つのなかで192.168.1.0/24のみをRIPからOSPFに再送したい。ACL, Route Map, vrouterへRoute Mapを適用したところ、次のようにすべてのIPが再送されてしまった。

routing_ospf

設定に問題がなさそうだったので全然勘違いしたところをみていて最後に気付いた。ネットマスクが0になっている。

wrong_netmask

これではすべてのIPアドレスが再送されてしまう。192.168.1.0/24に修正したら無事に対象のIPレンジだけ再送されるようになった。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Juniper

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Juniper NHTBについて調べる

Screen OSでVPNを設定すると、ルーティングのほかにNHTB(Next Hop Tunnel Binding)を設定する。この設定がないとVPNで指定したIPへ到達ができないのだが、なぜ必要か …

no image

Transparent modeの設定

TransparentモードはL2でFirewallを利用する。2つのインターフェースは同じIPサブネットレンジを持つがFirewallを通過するときにポリシーによりトラフィックが制御される。 ssg …

no image

ポリシーベースVPN

設定手順 Default Gateway設定 Phase1 Phase2 ポリシー Related posts:ping疎通がうまくいかない時の対処方法VPNでRIPを利用しているときの調査手順Scr …

no image

MIP

untrustからtrustへIPアドレスをマップする。ただし正確にはサブネットをマップする。ネットマスクで255.255.255.255を指定すると一つのIPアドレスをマップする。ネットマスクを変更 …

no image

VPNのトラブル対応手順

VPNについて設定を確認 対象機器で現在設定されているVPN構成について確認する。ここではレコードが一件表示されているが、すべてのVPN設定について表示される。まずここで対象となるサイトについて構成が …

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー