科学の箱

科学・IT・登山の話題

Juniper

netmaskでケアレスミス

投稿日:

Juniperで再送するIPアドレスのネットマスクを間違えてしまいはまった話。

JuniperでRIPからOSPFへの再送を設定した。RIPには次の3つのIPアドレスがある。

  • 192.168.1.0/24
  • 192.168.4.0/24
  • 192.168.5.0/24

この3つのなかで192.168.1.0/24のみをRIPからOSPFに再送したい。ACL, Route Map, vrouterへRoute Mapを適用したところ、次のようにすべてのIPが再送されてしまった。

routing_ospf

設定に問題がなさそうだったので全然勘違いしたところをみていて最後に気付いた。ネットマスクが0になっている。

wrong_netmask

これではすべてのIPアドレスが再送されてしまう。192.168.1.0/24に修正したら無事に対象のIPレンジだけ再送されるようになった。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Juniper

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ファームウェアの保存

ファームウェアのファイル名を確認する。 ssg5-serial-> get system Product Name: SSG5-Serial Serial Number: 01620120090 …

no image

JN0-522について勉強メモ

IPSec こちらを参考にしてまとめてみた。 IPSecで定義されているプロトコル AH ESP IKEも一般的なIPSecプロトコルにに含まれるがJuniperで設定が必要なプロトコルはAHとESP …

no image

VPNのトラブル対応手順

VPNについて設定を確認 対象機器で現在設定されているVPN構成について確認する。ここではレコードが一件表示されているが、すべてのVPN設定について表示される。まずここで対象となるサイトについて構成が …

no image

Static -> RIP -> OSPFで再送する

20140909153014162 ネットワーク構成図はきれいにまとめる時間がないので添付を参照してほしい。 テストとしてStatitcをRIPに再送、そのままOSPFに再送をかけてみた。 SSG5側 …

no image

VPNでRIPを利用しているときの調査手順

VPNでRIPを利用した時のトラブル対応手順をまとめておく。 VPNがリンクアップしていて通信が正常にできないとき、原因としては2つ考えられる。 – ポリシー – ルーティング …

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー