科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT

chefでnot_ifを利用するときのコマンドの戻り値を確認する

投稿日:

Chefでrbenv環境を構築する際に.bash_profileを書き換える。この時にすでに命令が入っていれば書き換えをしたくない。

この動作はnot_if句を導入することで可能だけど、コマンドの戻り値がわからないと正しく動いているかを確認できない。

命令に対して戻り値を確認する方法は実行後に$?を確認する。ここではrbenvの.bash_profile書き換えを参考にして例を載せておく。

rbenvでは下記のexportを.bash_profileに書き込む。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"

すでにこのステートメントがあるならば書き込みしたくない。grepで確認ができる。このときに戻り値は以下のようになる。

rbenvがない場合

[maka@localhost ~]$ grep abcde ~/.bash_profile
[maka@localhost ~]$ echo $?
1

rbenvがすでにある場合

[maka@localhost ~]$ grep rbenv ~/.bash_profile
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
[maka@localhost ~]$ echo $?
0

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DellラップトップのBreakキー

DellラップトップにはBreakキーがない機種がある。 この場合にはFn+BでBreakキーが使える。 参考 https://www.dell.com/support/article/jp/ja/j …

no image

Cisco LAP Troubleshooting.

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6366/products_tech_note09186a00808f8599.shtml http://ry.tl/lap …

no image

Networker Enterprise Reportの使い方 – Events

Networkerで用意されているEnterprise Reportについてその種類、提供されている情報の内容について簡単にまとめた後、トラブルやケースに合わせた使い方を考えてみる。 Events E …

no image

muninでWindowsをSNMP経由で監視するときの項目

[cpu] snmp__cpuload snmp__processes [disk] snmp__df [memory] snmp__df_ram snmp__memory Related posts …

no image

プリンタの監視

snmpwalkですべてのMIBを取得する。 snmpwalk -v1 -c public 10.72.20.41 . snmpwalkからの抽出する。対象となる項目は接続およびカウンター関連 IF- …

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー