科学の箱

科学・IT・登山の話題

Network

pingが通らないときにみるべき項目

投稿日:

新しい環境だとpingが通らないのもいまいち原因をつかむのに一苦労する。

手順としてはまず双方向からpingを通してみる。片方が通る場合にはネットワーク上の問題はないはず。両方通らない場合にはゲートウェイに順繰りに飛ばしてみてどこでリプライがないかを確認する。

片方向のみ通らない場合には、ファイアウォールによるブロックが考えられる。Wiresharkでパケットをキャプチャしてみて到達しているのであれば間違いなくファイアウォールであるので構成を確認する。

firewall_1

まずは現在のネットワーク接続を確認する。上記の場合にはパブリックネットワークに接続されていることがわかる。

次に該当ネットワークについてルールを見る。今回はpingだからICMPv4のエコー要求をみる。

firewall_2

 

確認したところ、パブリックが許可されていなかった。詳細設定でプロファイルにパブリックもチェックボックスを入れてあげたところpingが通るようになった。

Windowsファイアウォールのログとしてはpfirewall-public.logがあるので、このリストでパケットがドロップされていないかを確認もできる。

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Network
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Wireshark 3.0.0

一番の目玉はnpcapの採用。WiFiモニタリングがより進化している。 Related posts:Nortel ERS Troubleshooting.ネットワーク監視ツールのトレンドJuniper …

no image

Cisco Prime Infrastructure Training on youtube Part 1

youtubeでCisco Prime Infrastructureのトレーニングコースが提供されている。 一覧は下記のリンクに記載されている。 Cisco Prime Infrastructure& …

no image

Secretary Certificateがなくて回線アカウント設立が遅れている

フィリピンで回線アカウントを設立しようとしたら複数のドキュメントが必要でPLDTから拒否されてしまった。 特に苦労しているのがSecretary Certificate, 参考) http://if8 …

no image

httpでダウンロードするときに途中で終わってしまう件

httpで100MBをダウンロードしているのだが、1MBで勝手に終了してしまう。 とりあえずパケットキャプチャをしてみるとFIN ACKがサーバーから来ているのを確認した。 なんでこれが送られてくるの …

no image

Cascade Profilerを使うときの手順

目的を明らかにする 自分が何のデータを必要としているのかを明らかにするために、目的をはっきりさせる。目的はS+Vで記述する。 Sは場所+サービス + 情報の種類とする。場所はネットワークが提供している …

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー