科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

dataframeで条件を付けて要素を返す方法

投稿日:2018年3月13日 更新日:

前回の続きから。

dfは現在以下のようになっている。

W X Y Z
A 2.706850 0.628133 0.907969 0.503826
B 0.651118 -0.319318 -0.848077 0.605965
C -2.018168 0.740122 0.528813 -0.589001
D 0.188695 -0.758872 -0.933237 0.955057
E 0.190794 1.978757 2.605967 0.683509

ここで要素>0を判断してみる。


df > 0

W X Y Z
A True True True True
B True False False True
C False True True False
D True False False True
E True True True True

要素>0だけを抜き出すと以下のようになる。


df[df>0]

W X Y Z
A 2.706850 0.628133 0.907969 0.503826
B 0.651118 NaN NaN 0.605965
C NaN 0.740122 0.528813 NaN
D 0.188695 NaN NaN 0.955057
E 0.190794 1.978757 2.605967 0.683509

次に列W>0の行だけを抜き出す。


df[df['W']>0]

この結果は以下のようになる。
W X Y Z
A 2.706850 0.628133 0.907969 0.503826
B 0.651118 -0.319318 -0.848077 0.605965
D 0.188695 -0.758872 -0.933237 0.955057
E 0.190794 1.978757 2.605967 0.683509

さらに特定の列だけを取得したいならば以下のような形式で取得できる。


df[df['W']>0]['X']]

A 0.628133
B -0.319318
D -0.758872
E 1.978757
Name: X, dtype: float64

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スライスとインデックスを組み合わせてデータを抜き出す

行列からデータを取得する際には、インデックスを利用すことはわかった。このインデックスの種類としては整数、スライス、配列、ブーリアンがある。これらを組み合わせて柔軟に配列から要素を抜き出すことができる。 …

no image

pyperclipを設定する

pyperclipはpip3経由でインストールする。まずはpip3のインストールから。 https://bootstrap.pypa.io/get-pip.pyからget-pip.pyをダウンロードし …

no image

配列をリストから生成

配列をリストから生成 numpyにおける配列はnp.arrayを使って生成する。最も基本となる方法はnp.arrayに引数としてリストを渡してやる方法である。 まずは整数の配列を生成してみる。 pri …

no image

タイタニックデータでEDA-2

前回は、タイタニックデータについてはビジュアライズしてデータについて理解を深めた。 今回はデータをいじって機械学習に使えるようにする。 機械学習をするために必要な処理は3つある。 null値の置換 余 …

no image

生成した配列をグラフで確認

生成した配列を可視化するためにはmatplotlibが利用できる。 ここでは簡単に可視化するための使い方を見てみる。 まずはnumpyとmatplolibモジュールを読み込む。以下ではnumpyはnp …

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー