科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT

見積書を比較する

投稿日:2018年4月7日 更新日:

購買をする際には複数のベンダーから見積もりを取り寄せ、”適切な”ベンダーを選ぶ。この”適切”に選ぶというのがいうはやさし、行うはむずかしである。

難しい理由をいくつかある。

  • アイテムが同一ではない場合に機能面も考慮した比較が必要になる
  • アイテムに含まれる項目が一致しない(インストール、保守など)
  • サービスはそもそも同一の定義ができない。
  • サービス品質、提供期間、オンサイトサポートが一致していない

このような状況で適切に見積もりを比較するための方法を考えてみる。

まず見積もりは2つに分ける必要がある。一つは物品、もう一つがサービスである。

物品は比較的簡単である。

  • アイテムおよび個数を明確にする(ベンダー、モデル)
  • 周辺機器関連について比較
  • 種別および個数を比較する
  • インストール費用が含まれてることを確認

サービスは以下のような手順が良いと思われる。

  • サービスの明細化
  • 各サービスについて目安となる日付を入れる(あるいはベンダーに見積もらせる)
  • 単価を取得
  • 合計を取得

サービスについて、違いがありそうで比較ができないときにはどうするか。

  • ベンチマークとなるベンダーを見つける
  • 他のベンダーをそのベンチマークベンダーに合わせる

さて見積もりに差異がある場合そのギャップは2つの要素から生まれる

  • 労働単価
  • 期間

まず労働単価についてはベンダーごとに決められた単価があるので、ここを変更できる余地は少ないといえる。ディスカウントを求めることはできるだろうが、経験上5%~20%といったところか。

期間はベンダーごとに差が出てくる。差が出てくる理由としては

  • SOWの解釈が違う
  • 人月の見積もりが異なる
  • 最低限の人月で見積もっていて、リスクが見込まれていない

SOWについてはベンダーと直接話し合い、各サービス項目について経験、従属性、リスク、デリバラブルについて意識合わせをする。人月の見積もりについてはベンチマークベンダーを一つの目安とする。リスクが見込まれていない場合には、見積もり人月をオーバーした場合にはどのように吸収されるかを明らかにする。

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RDPで表示されている画面が小さくて文字が読めない

クライアントサーバーベースのアプリケーションでは管理上の手間を省くために、アプリケーションサーバーを構築しクライアントからRDPで接続する構成をとることがよくある。 ラップトップの入れかえや新しく入っ …

no image

SQL Serverでreportingの開発をする方法

SQL Server 2014とSSRSをインストールしてからアプリケーションを起動したところ下記のエラーが出た。   必要なモジュールはすべてインストールしているので特に問題はなさそう。イ …

no image

vagrant 1.6.4でsshインタフェースにprivate_networkを指定するとエラーになる

vagrantではprivate networkを指定して、sshからアクセスできる。 vagrant1.6.4 Windows版ではprivate networkを指定するとなぜかエラーがでる。 c …

no image

Lyncのレジストリキー

Lync 2013クライアントの設定はレジストリに保管される。このキーの場所は以下になる。 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Lync …

no image

Networker Enterprise Reportの使い方 – Backup Status

Backup Statusレポートについて種類と使い方をまとめてみる。 Backup Statusレポートの概要 Backup Statusレポートでは特定期間におけるバックアップの経過時間、save …

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー