科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

連続データのビジュアル

投稿日:2018年6月5日 更新日:

Kaggle TitanicのFareを使っていくつかビジュアル

金額別ヒストグラム-1
  • titanic_df['Fare'].plot(kind='hist', figsize=(15,3),bins=100, xlim=(0,50))

xlimが簡単に設定できる

 

金額別ヒストグラム-2
  • sns.distplot(d_train[“Fare”], kde=False, rug=False, bins=100)
 
xlimは軸で設定するのでひと手間かかる
生存別金額-1
  • avgerage_fare = pd.DataFrame([fare_not_survived.mean(), fare_survived.mean()])
  • std_fare = pd.DataFrame([fare_not_survived.std(), fare_survived.std()])
  • avgerage_fare.plot(yerr=std_fare,kind=’bar’,legend=False)

みやすい。

 

生存別金額-2
  • sns.boxplot(x=’Survived’, y=”Fare”, data=d_train, palette=”PRGn”)

外れ値に左右される→外れ値を削除する。

 

生存別金額-3

  • sns.violinplot(x=’Survived’, y=”Fare”, data=d_train)

概要をつかむにはboxplotよりよい。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

numpy.random.standard_normal()を使って標準分布の配列を生成する

numpy.random numpyにはいろいろな種類の分布関数から配列をランダムに生成するモジュールが用意されている。このモジュールはnumpy.randomと呼ばれる。 マニュアルはこちら : R …

no image

pyplotでグラフを表示

matplotlib.pyplotを利用すると、配列からお手軽にグラフを作成できる。 内容 最もシンプルなグラフ タイトル ラベル、レジェンドを追加 線の種類を変える 最もシンプルなグラフ まずはpy …

no image

生成した配列をグラフで確認

生成した配列を可視化するためにはmatplotlibが利用できる。 ここでは簡単に可視化するための使い方を見てみる。 まずはnumpyとmatplolibモジュールを読み込む。以下ではnumpyはnp …

no image

pythonでsha3をつかう

pip install sha3だと何かがダウンロードされるが下記のエラーが表示される。 c:\users\usera\appdata\local\temp\pip-install-1v_qtdxo\ …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 8

前回の結果がいまいちだった。これまではAgeは平均値でNullを埋めていた。平均値では明らか実際のデータと差異が出ると考えられる。そのためAgeがない情報についてより正確なAgeで補完するようにした。 …

2018年6月
« 5月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー