科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

連続データのビジュアル

投稿日:2018年6月5日 更新日:

Kaggle TitanicのFareを使っていくつかビジュアル

金額別ヒストグラム-1
  • titanic_df['Fare'].plot(kind='hist', figsize=(15,3),bins=100, xlim=(0,50))

xlimが簡単に設定できる

 

金額別ヒストグラム-2
  • sns.distplot(d_train[“Fare”], kde=False, rug=False, bins=100)
 
xlimは軸で設定するのでひと手間かかる
生存別金額-1
  • avgerage_fare = pd.DataFrame([fare_not_survived.mean(), fare_survived.mean()])
  • std_fare = pd.DataFrame([fare_not_survived.std(), fare_survived.std()])
  • avgerage_fare.plot(yerr=std_fare,kind=’bar’,legend=False)

みやすい。

 

生存別金額-2
  • sns.boxplot(x=’Survived’, y=”Fare”, data=d_train, palette=”PRGn”)

外れ値に左右される→外れ値を削除する。

 

生存別金額-3

  • sns.violinplot(x=’Survived’, y=”Fare”, data=d_train)

概要をつかむにはboxplotよりよい。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

kaggle Titanic Tutorial – 2

決定木を利用して分析する。 データの作成 y_train = d_train["Survived"].values x_train = d_train[["Pclass& …

no image

graphvizのコマンドラインから実行

dot -Kdot -Tpng test.dot -o test.png Related posts:kaggle Titanic Tutorial – 10数字、計算、文字列を画面出力蟻本 P42 …

no image

Heroku + Python Day 1

Pythonでの機械学習の勉強が少し一段落したので、別の側面からPythonをさらに利用してみる。 現在はpythonを利用できるのはローカルの環境だけである。これを将来的にはインターネット上でスケジ …

no image

pandaのチュートリアル

pandaを利用すればdata frameに関連する操作はすべて実行できる。この辺のチュートリアルというか、何かまとめたドキュメントは何か調べてみた。 https://www.dataquest.io …

no image

flickrapiを使うための手順

https://stuvel.eu/flickrapiで提供されるflickrapiを利用するにあたり、エラーが出てインストールできない。 condaでは提供されていない pipはSSLError(S …

2018年6月
« 5月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

side bar top



最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー