科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

生成した配列をグラフで確認

投稿日:2019年9月21日 更新日:

生成した配列を可視化するためにはmatplotlibが利用できる。

ここでは簡単に可視化するための使い方を見てみる。

まずはnumpyとmatplolibモジュールを読み込む。以下ではnumpyはnp、matplotlib.pyplotをpltとして読み込んでいる。

jupyterで使う際にはすぐに表示されるように%matplotlib inlineを指定する。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
%matplotlib inline

 

x軸には要素の数を入れる。とりあえず50個の要素を作成する。numpy.linspace()は等差数列を作る関数。とりあえずコードの通り記述すればよい。

x = np.linspace(0,50,51, endpoint=True) 
print(x)
# array([ 0.,  1.,  2.,  3.,  4.,  5.,  6.,  7.,  8.,  9., 10., 11., 12.,
       13., 14., 15., 16., 17., 18., 19., 20., 21., 22., 23., 24., 25.,
       26., 27., 28., 29., 30., 31., 32., 33., 34., 35., 36., 37., 38.,
       39., 40., 41., 42., 43., 44., 45., 46., 47., 48., 49., 50.])

 

y軸には表示したい配列を入れる。とりあえずx軸を2倍にした等差数列を作る。これもnumpy.linspace()を利用する。

y = np.linspace(0,100,51, endpoint=True)
print(y)
# [  0.   2.   4.   6.   8.  10.  12.  14.  16.  18.  20.  22.  24.  26.
  28.  30.  32.  34.  36.  38.  40.  42.  44.  46.  48.  50.  52.  54.
  56.  58.  60.  62.  64.  66.  68.  70.  72.  74.  76.  78.  80.  82.
  84.  86.  88.  90.  92.  94.  96.  98. 100.]

 

pllotにx,yを指定して画面に表示する。

plt.plot(x, y)
plt.show()

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

automated the boring – day4

本日からOS操作。面倒くさいことを自動化するのであればOSコマンドは避けては通れない。 pythonではすでにosパッケージが用意されているので、これを利用すればコードとしてはそれほどはややこしくない …

no image

配列の属性を確認

numpyでは生成した配列の中身を確認するための属性が用意されている。 主な属性は以下の通り 次元数を確認:ndarray.ndim 各次元の大きさを確認:ndarray.shape 全部の要素数:n …

no image

OpenCV

WindowsにOpenCVをインストールする場合に2つのやり方がある。 一つは様々な言語からOpenCVを利用できるようにする方法、2つ目の方法ではPythonからOpenCVを利用する方法である。 …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 10

いろいろ試しているがうまくいかないので、とりあえずAgeを正しく補完できるか調べる。 調査は線形回帰でどれくらい相関が出るかで判断する。   import numpy as nm impor …

no image

数字、計算、文字列を画面出力

Hello Worldができたので、いろいろな出力を試してみる。 出力はprint関数を使えばよい。 まずは数値から試してみる。数値は文字列と違い引用符で囲む必要はない。画面に直接表示するので変数は使 …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー