科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

生成した配列をグラフで確認

投稿日:2019年9月21日 更新日:

生成した配列を可視化するためにはmatplotlibが利用できる。

ここでは簡単に可視化するための使い方を見てみる。

まずはnumpyとmatplolibモジュールを読み込む。以下ではnumpyはnp、matplotlib.pyplotをpltとして読み込んでいる。

jupyterで使う際にはすぐに表示されるように%matplotlib inlineを指定する。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
%matplotlib inline

 

x軸には要素の数を入れる。とりあえず50個の要素を作成する。numpy.linspace()は等差数列を作る関数。とりあえずコードの通り記述すればよい。

x = np.linspace(0,50,51, endpoint=True) 
print(x)
# array([ 0.,  1.,  2.,  3.,  4.,  5.,  6.,  7.,  8.,  9., 10., 11., 12.,
       13., 14., 15., 16., 17., 18., 19., 20., 21., 22., 23., 24., 25.,
       26., 27., 28., 29., 30., 31., 32., 33., 34., 35., 36., 37., 38.,
       39., 40., 41., 42., 43., 44., 45., 46., 47., 48., 49., 50.])

 

y軸には表示したい配列を入れる。とりあえずx軸を2倍にした等差数列を作る。これもnumpy.linspace()を利用する。

y = np.linspace(0,100,51, endpoint=True)
print(y)
# [  0.   2.   4.   6.   8.  10.  12.  14.  16.  18.  20.  22.  24.  26.
  28.  30.  32.  34.  36.  38.  40.  42.  44.  46.  48.  50.  52.  54.
  56.  58.  60.  62.  64.  66.  68.  70.  72.  74.  76.  78.  80.  82.
  84.  86.  88.  90.  92.  94.  96.  98. 100.]

 

pllotにx,yを指定して画面に表示する。

plt.plot(x, y)
plt.show()

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

numpy.arange()を使って等差数列を生成する

等差数列を作るためにはnumpy.linspace()を使うと話をした。しかしlinspace()は要素数を指定するためにかえって混乱を招くことがある。そこで便利なのが公差を指定して配列を作ってくくれ …

no image

seabornで線形解析を実施する

seabornを使えば線形解析も簡単に実行できる。   import seaborn as sns tips = sns.load_dataset(‘tips’) sns.lmplot(x= …

no image

automated the boring – day5

さて、ここまででフロー、文字列、型、ファイル等を扱い、基礎プログラミングとしては一段落できた。 今日からは後半戦にはいり、開発をするうえで実践で必要になる技術を学んでいく。 まずはデバッグからである。 …

no image

dataframeで条件を付けて要素を返す方法

前回の続きから。 dfは現在以下のようになっている。 W X Y Z A 2.706850 0.628133 0.907969 0.503826 B 0.651118 -0.319318 -0.848 …

no image

pythonで仮想環境を利用する

conda create –name fluffy numpy conda activate fluffy conda info –env actiavte fluffy de …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー