科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

空の配列を生成

投稿日:

numpy.empty()を使うと要素が初期化されていない配列を生成できる。要素に入る値はその時により変わるので必ず初期化後には明示的に値を設定する必要がある。

numpy.empty

print(np.empty((2,3)))
# [[0. 0. 0.]
 [0. 0. 0.]]

 

numpy.empty()は初期化しない分高速である。あらかじめ値を自分が設定することがわかっているならばnumpy.empty()で配列を生成、その後要素を設定できる。

その反面要素の値は不確定である。今回はたまたま、初期化された配列の要素は0になっているが、これは0であるとは限らない。すべての要素が0である配列が必要であるならば、numpy.zeros()を利用するべきである。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

特定のパッケージのためのgitignoreを作成したい

https://gitignore.ioを開く パッケージ名を入力 Createをクリック Related posts:配列を利用した四則演算とuniversal関数seabornをEDAに応用する配 …

no image

model.coef_の確認

重回帰分析で重みを確認するには下記を利用する。 model.coef_ ただしこれだと有効桁数が分かりにくいので有効桁数を3桁にして、さらに指数を展開する。 np.set_printoptions(p …

no image

pycharmでターミナルからconda環境を利用する

pycharmでTerminalを開く conda環境を開く %windir%\System32\cmd.exe “/K” C:\ProgramData\Anaconda3\S …

no image

numpy.arange()を使って等差数列を生成する

等差数列を作るためにはnumpy.linspace()を使うと話をした。しかしlinspace()は要素数を指定するためにかえって混乱を招くことがある。そこで便利なのが公差を指定して配列を作ってくくれ …

no image

Heroku + Python Day 1

Pythonでの機械学習の勉強が少し一段落したので、別の側面からPythonをさらに利用してみる。 現在はpythonを利用できるのはローカルの環境だけである。これを将来的にはインターネット上でスケジ …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー