科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

配列の属性を確認

投稿日:

numpyでは生成した配列の中身を確認するための属性が用意されている。

主な属性は以下の通り

  • 次元数を確認:ndarray.ndim
  • 各次元の大きさを確認:ndarray.shape
  • 全部の要素数:ndarray.size
  • 要素の型:ndarray.dtype

サンプルの配列を生成

a = np.arange(15).reshape(3, 5)
print(a)
#
[[ 0  1  2  3  4]
 [ 5  6  7  8  9]
 [10 11 12 13 14]]

上記の配列について情報を見る。

次元数を確認

次元数を確認するにはndarray.ndimを利用する。

次元数は配列の軸の数である。軸の要素数ではない。例えば2次元配列であれば次元数は2になる。2次元配列はグラフに表すとx-y軸となる。3次元配列はx-y-zでありこの場合には次元数は3となる。

print(a.ndim)
# 2

 

各次元の大きさを確認

上記で次元数は2とわかった。では各次元の大きさ(要素数)はどのように確認するのか。これはndarray.shapeを利用する。

print(a.shape)
# (3, 5)

 

要素数合計を確認

各次元にあるすべての要素を合計した個数を求めるためにはndarray.sizeを使用する。

print(a.size)
# 15

これはndarray.shapeの戻り値をすべて掛け合わせた数に等しくなる

要素の型を確認

配列の要素はすべて同じ型をもつ。この型はndarray.dtypeで確認できる。

print(a.dtype)
# int32

 

配列を生成するときにはdtypeで型を指定できる。例えば同じ行列で、dtype=numpy.float64を指定してみる。

b = np.arange(15, dtype=np.float64).reshape(3, 5)
print(b)
#[[ 0.  1.  2.  3.  4.]
 [ 5.  6.  7.  8.  9.]
 [10. 11. 12. 13. 14.]]

print(b.dtype)
#float64

 

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Pythonまとめ

環境設定 環境設定 基本 Hello Worldを実行 数字、計算、文字列を画面出力   文字列 Pythonで文字列を生成するときの方法についてまとめる 制御フロー if ループ イテレー …

no image

numpy.arange()を使って等差数列を生成する

等差数列を作るためにはnumpy.linspace()を使うと話をした。しかしlinspace()は要素数を指定するためにかえって混乱を招くことがある。そこで便利なのが公差を指定して配列を作ってくくれ …

no image

pyplotでグラフを表示

matplotlib.pyplotを利用すると、配列からお手軽にグラフを作成できる。 内容 最もシンプルなグラフ タイトル ラベル、レジェンドを追加 線の種類を変える 最もシンプルなグラフ まずはpy …

no image

automated the boring – day5

さて、ここまででフロー、文字列、型、ファイル等を扱い、基礎プログラミングとしては一段落できた。 今日からは後半戦にはいり、開発をするうえで実践で必要になる技術を学んでいく。 まずはデバッグからである。 …

no image

OpenCV

WindowsにOpenCVをインストールする場合に2つのやり方がある。 一つは様々な言語からOpenCVを利用できるようにする方法、2つ目の方法ではPythonからOpenCVを利用する方法である。 …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー