科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

配列の属性を確認

投稿日:

numpyでは生成した配列の中身を確認するための属性が用意されている。

主な属性は以下の通り

  • 次元数を確認:ndarray.ndim
  • 各次元の大きさを確認:ndarray.shape
  • 全部の要素数:ndarray.size
  • 要素の型:ndarray.dtype

サンプルの配列を生成

a = np.arange(15).reshape(3, 5)
print(a)
#
[[ 0  1  2  3  4]
 [ 5  6  7  8  9]
 [10 11 12 13 14]]

上記の配列について情報を見る。

次元数を確認

次元数を確認するにはndarray.ndimを利用する。

次元数は配列の軸の数である。軸の要素数ではない。例えば2次元配列であれば次元数は2になる。2次元配列はグラフに表すとx-y軸となる。3次元配列はx-y-zでありこの場合には次元数は3となる。

print(a.ndim)
# 2

 

各次元の大きさを確認

上記で次元数は2とわかった。では各次元の大きさ(要素数)はどのように確認するのか。これはndarray.shapeを利用する。

print(a.shape)
# (3, 5)

 

要素数合計を確認

各次元にあるすべての要素を合計した個数を求めるためにはndarray.sizeを使用する。

print(a.size)
# 15

これはndarray.shapeの戻り値をすべて掛け合わせた数に等しくなる

要素の型を確認

配列の要素はすべて同じ型をもつ。この型はndarray.dtypeで確認できる。

print(a.dtype)
# int32

 

配列を生成するときにはdtypeで型を指定できる。例えば同じ行列で、dtype=numpy.float64を指定してみる。

b = np.arange(15, dtype=np.float64).reshape(3, 5)
print(b)
#[[ 0.  1.  2.  3.  4.]
 [ 5.  6.  7.  8.  9.]
 [10. 11. 12. 13. 14.]]

print(b.dtype)
#float64

 

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

wordpress-xmlrpc

WordPressへPythonから投稿してみる。 まずは設定から。説明はこちらにある。 https://python-wordpress-xmlrpc.readthedocs.io/en/lates …

no image

automated the boring – day 2

今日は簡単なUser認証のプロトタイプといえば恰好はよいが、 パスワードの入力 パスワードの突き合せ パスワードつきあわせの結果によりメッセージを変える name = ‘Mary’ password …

no image

配列をリストから生成

配列をリストから生成 numpyにおける配列はnp.arrayを使って生成する。最も基本となる方法はnp.arrayに引数としてリストを渡してやる方法である。 まずは整数の配列を生成してみる。 pri …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 11

kaggleで人気があるlightGBMをつかってみる。   インストール pip install lightgbm 特に問題がなく終了。 コード、関係するところだけ記載。 split_be …

no image

pyplotでx軸のラベルを90度回転させる

pyplotでx軸にラベルを記載するとラベル文字数が長すぎるためにお互いにオーバーラップしてみにくい。 このよう場合にはpyplot.xticksを実行する際にrotationを指定すればよい。 Ro …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー