科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

配列をリストから生成

投稿日:

配列をリストから生成

numpyにおける配列はnp.arrayを使って生成する。最も基本となる方法はnp.arrayに引数としてリストを渡してやる方法である。

まずは整数の配列を生成してみる。

print(np.array([1, 4, 2, 5, 3]))
# [1 4 2 5 3]

少々わかりずらいがリストの出力と比較してみる。

print([1, 4, 2, 5, 3])
# [1, 4, 2, 5, 3]

配列では要素の間には何も入っていない。ブランクだけである。それに対してリストでは要素間にカンマが入っているのがわかる。

またtype関数を利用して型を調べてみると以下のようになることがわかる。

print(type(np.array([1, 4, 2, 5, 3])))
# <class 'numpy.ndarray'>

print(type([1, 4, 2, 5, 3]))
# <class 'list'>

 

配列は縦X横の行列である。例えば上記の配列は一次元で5つの要素をもつ。

print(np.array([1, 4, 2, 5, 3]).shape)
# (5,)

では複数の次元を持つ配列を生成してみる。

print(np.array([[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]))
#[[1 2 3]
 [4 5 6]
 [7 8 9]]
print(np.array([[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]).shape)
# (3, 3)

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

dataframeで条件を付けて要素を返す方法

前回の続きから。 dfは現在以下のようになっている。 W X Y Z A 2.706850 0.628133 0.907969 0.503826 B 0.651118 -0.319318 -0.848 …

no image

SIGNATE お弁当の需要予測-5

相関の概要を見てみる。これによりどの変数を利用して回帰するかを考える。 sns.heatmap(d_train_w.corr(),cmap=’coolwarm’) Related posts:auto …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 4

名前から取得できるタイトルを分析に利用してみる。 タイトルは末尾に”.”がついているのでこれを利用して切り出す。 def get_title(name): if ‘.’ in …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 6

さて、今回は年齢について検証する。まずこれまでは中央値を使っていたわけだ。これをもともと年齢分布と中央値を使って更新した後の年齢分布を比較する。 import numpy as nm import p …

no image

グラフの軸を操作する

概要 ここでは以下の項目について取り扱う 軸にラベルを設定する ー xlabel, ylabel 軸の最小値、最大値を設定する ー xlim, ylim, xaxis 軸にメモリを設定する ー xti …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー