科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

配列をリストから生成

投稿日:

配列をリストから生成

numpyにおける配列はnp.arrayを使って生成する。最も基本となる方法はnp.arrayに引数としてリストを渡してやる方法である。

まずは整数の配列を生成してみる。

print(np.array([1, 4, 2, 5, 3]))
# [1 4 2 5 3]

少々わかりずらいがリストの出力と比較してみる。

print([1, 4, 2, 5, 3])
# [1, 4, 2, 5, 3]

配列では要素の間には何も入っていない。ブランクだけである。それに対してリストでは要素間にカンマが入っているのがわかる。

またtype関数を利用して型を調べてみると以下のようになることがわかる。

print(type(np.array([1, 4, 2, 5, 3])))
# <class 'numpy.ndarray'>

print(type([1, 4, 2, 5, 3]))
# <class 'list'>

 

配列は縦X横の行列である。例えば上記の配列は一次元で5つの要素をもつ。

print(np.array([1, 4, 2, 5, 3]).shape)
# (5,)

では複数の次元を持つ配列を生成してみる。

print(np.array([[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]))
#[[1 2 3]
 [4 5 6]
 [7 8 9]]
print(np.array([[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]).shape)
# (3, 3)

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jupyterで目的のディレクトリから実行する方法

AnacondaをインストールするとJupyter Notebookを実行するショートカットが作成される。これをクリックするとJupyter Notebookは起動できるわけだが、残念ながら必要なファ …

no image

dataframe形式で便利なのはいろいろなメソッドが用意されているから

dataframeにすることのメリットは何かといわれると、dataframeにしたとたんに様々な処理をメソッドで実行できるからである。 例えば値がNaNになっていると、処理を進めるうえでいろいろな問題 …

no image

複数のグラフを表示する方法

ここでは以下を説明する。 複数のグラフを表示する2つの方法 サブプロットのグラフを整形 複数のグラフを表示する 複数のグラフを表示するためには二通りの方法がある。 subplots()を使ってあらかじ …

no image

数字、計算、文字列を画面出力

Hello Worldができたので、いろいろな出力を試してみる。 出力はprint関数を使えばよい。 まずは数値から試してみる。数値は文字列と違い引用符で囲む必要はない。画面に直接表示するので変数は使 …

no image

automated the boring – day4

本日からOS操作。面倒くさいことを自動化するのであればOSコマンドは避けては通れない。 pythonではすでにosパッケージが用意されているので、これを利用すればコードとしてはそれほどはややこしくない …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー