科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

StringIOを使ってread_csvのテストをしてみる

投稿日:

pandasで操作できるファイルは様々なあるが、csvはJSONと並んで取り扱うことが多いファイルである。ちょっとしたコードの検証をしたいときに毎回csvを用意して、read_csv()で読み込むのはかったるい。このような時StringIOを使うとすべてコード上で完結する。

 

このページの内容

  • StringIOの基本情報
  • StringIOとread_csv
  • パラメータを変えて読み込む

StringIO

StringIOはpythonで用意されている標準オブジェクトである。

class io.StringIO

引数

  • 第一引数: 文字列

戻り値

  • StringIO: このオブジェクトはread_csv()に対して入力として利用できる。

StringIOとread_csv

StringIOに文字列を与えると、ファイル入出力として使える。

from io import StringIO
import pandas as pd
data = ('name,company,city,tel\n'
       'Suzuki,CompanyA,Tokyo,090-123-456\n'
       'Yamada,CompanyB,Chiba,03-123-456\n'
       'Takahashi,CompanyC,Kanagawa,070-123-456')
df=pd.read_csv(StringIO(data))
print(df)
#        name   company      city          tel
0     Suzuki  CompanyA     Tokyo  090-123-456
1     Yamada  CompanyB     Chiba   03-123-456
2  Takahashi  CompanyC  Kanagawa  070-123-456

 

パラメータを変えて読み込む

いくつかパラメータを変えて読み込んでみる

まずはindex_colを指定して、indexを設定する。

df=pd.read_csv(StringIO(data), index_col="name")
print(df)

#             company      city          tel
name                                      
Suzuki     CompanyA     Tokyo  090-123-456
Yamada     CompanyB     Chiba   03-123-456
Takahashi  CompanyC  Kanagawa  070-123-456

 

usecolsを指定して、読み込む列を選ぶ。

df=pd.read_csv(StringIO(data), usecols=["name","city"])
print(df)

#         name      city
0     Suzuki     Tokyo
1     Yamada     Chiba
2  Takahashi  Kanagawa

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

pythonで仮想環境を利用する

conda create –name fluffy numpy conda activate fluffy conda info –env actiavte fluffy de …

no image

pythonでjanomeを使う

PythonでMecabを利用して形態要素解析に挑戦したところMecabが原因不明のエラーを引き起こしいったん断念。 代わりにJanomeを導入してみた。 Janomeは下記からインストーラを取得する …

no image

flickrapiを使うための手順

https://stuvel.eu/flickrapiで提供されるflickrapiを利用するにあたり、エラーが出てインストールできない。 condaでは提供されていない pipはSSLError(S …

no image

Scrapy – Tutorial

Tutorialはこちら https://doc.scrapy.org/en/latest/intro/tutorial.html 特に難しい点はないがいくつかポイント spidersディレクトリはプ …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 9

さて今回は少し趣向を変えて別のアルゴリズムを試してみる。 アルゴリズムの試し方はこちらを参考にした。 https://www.kaggle.com/omarelgabry/a-journey-thro …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー