科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

pyplotでx軸のラベルを90度回転させる

投稿日:

pyplotでx軸にラベルを記載するとラベル文字数が長すぎるためにお互いにオーバーラップしてみにくい。

このよう場合にはpyplot.xticksを実行する際にrotationを指定すればよい。

Rotating custom tick labels — Matplotlib 3.1.1 documentation

rotationはmatplotlib.textで定義されている属性の一部である。ほかにも様々な属性を指定できる。

matplotlib.text

まずrotationを指定しない場合を見てみる。

import matplotlib.pyplot as plt
%matplotlib inline
x = [1, 2, 3, 4]
y = [1, 4, 9, 6]
labels = ['Frogs', 'Hogs', 'Bogs', 'Slogs']

plt.plot(x, y)
# You can specify a rotation for the tick labels in degrees or with keywords.
plt.xticks(x, labels)
plt.show()

次にrotationを指定する。

import matplotlib.pyplot as plt
%matplotlib inline
x = [1, 2, 3, 4]
y = [1, 4, 9, 6]
labels = ['Frogs', 'Hogs', 'Bogs', 'Slogs']

plt.plot(x, y)
# You can specify a rotation for the tick labels in degrees or with keywords.
plt.xticks(x, labels, rotation='vertical')
plt.show()

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cp932 error

pythonで入力ファイルにおける文字コードが正しく認識されない場合、以下のようなエラーがでる。 UnicodeDecodeError: ‘cp932’ codec can&# …

no image

配列の属性を確認

numpyでは生成した配列の中身を確認するための属性が用意されている。 主な属性は以下の通り 次元数を確認:ndarray.ndim 各次元の大きさを確認:ndarray.shape 全部の要素数:n …

no image

model.coef_の確認

重回帰分析で重みを確認するには下記を利用する。 model.coef_ ただしこれだと有効桁数が分かりにくいので有効桁数を3桁にして、さらに指数を展開する。 np.set_printoptions(p …

no image

連続データのビジュアル

Kaggle TitanicのFareを使っていくつかビジュアル 金額別ヒストグラム-1 titanic_df[‘Fare’].plot(kind=’hist’, figsize=(15,3),bin …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 6

さて、今回は年齢について検証する。まずこれまでは中央値を使っていたわけだ。これをもともと年齢分布と中央値を使って更新した後の年齢分布を比較する。 import numpy as nm import p …

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー