科学の箱

科学・IT・登山の話題

PowerBI

グループ化して新しいテーブルを作るためのDAX

投稿日:2021年5月13日 更新日:

Groupbyで新しいテーブルをグループ化して戻すことができる。

第一引数がグループ化したいテーブル名、第二引数がグループ化するフィールド、第3引数がグループ化した結果を収めるフィールド名、第4引数がグループ化するための関数となる。

SevTotal = GROUPBY('Incident-Tran', 'Incident-Tran'[Severity],"TotalCountbySev", COUNTX(CURRENTGROUP(),'Incident-Tran'[number]))

 

countx以外にはsumxがよくつかわれる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-PowerBI
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DAXを一言でいうと

DAXを理解するのは難しいが、一言でいうとテーブルを戻すlambda関数と考えればよい。 テーブル情報を入力として、計算をしてテーブルを返す。それだけである。 ただし入力と出力の型が決まっているために …

no image

トランザクションデータからマスターデータを簡単に作成する方法

Allをカラムに対して掛ければよい。 Categories = ALL ( ‘Product'[Category] )   Related posts:計算列とメジャーの違いEVALUATE …

no image

ALLとREMOVEFILTERSの違い

フィルタを削除するという機能としては同じであるが、戻り値が異なる。 ALLはフィルタを削除した後のテーブルを返す。REMOVEFILTERSはテーブルのフィルターを削除するだけである。メジャーで計算す …

no image

Calculateを使った複雑なフィルタコンテキストをかけてみる。

ValueフィールドにかかっているフィルタはCategoryとCalendar Yearがかかっている。 何も指定しないでSales Amountを取得すると、特定のカテゴリ、特定のCalendar …

no image

参照先テーブルから値を取得する

前提条件としてモデルでリンクが設定されていてかつActiveになっていること。   related関数は第一引数にテーブル+フィールド名を与えるとリンクが張られている値をとってくれる。 &n …

2021年5月
« 3月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー