科学の箱

科学・IT・登山の話題

PowerBI

ALLとREMOVEFILTERSの違い

投稿日:

フィルタを削除するという機能としては同じであるが、戻り値が異なる。

ALLはフィルタを削除した後のテーブルを返す。REMOVEFILTERSはテーブルのフィルターを削除するだけである。メジャーで計算するときにテーブルを返すならば、ALLを利用する。CALCULATEではどちらを利用しても良い。もしカラムレベルでFILTERを制御したいならば、REMOVEFILTERSを利用する。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-PowerBI

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DAXを一言でいうと

DAXを理解するのは難しいが、一言でいうとテーブルを戻すlambda関数と考えればよい。 テーブル情報を入力として、計算をしてテーブルを返す。それだけである。 ただし入力と出力の型が決まっているために …

no image

フィルターAllが予想されない結果になってしまうパターン

フィルターは計算以外にも軸を作るために利用される。 この時計算はフィルタに基づかないデータセットを利用したいことがある。 このときallでフィルタを無視できるが、これは予想しない結果につながることがあ …

no image

メジャーと暗黙的なCalculate、コンテキスト変換

メジャーを計算すると必ず暗黙的なCalculateが追加され、その結果としてコンテキスト変換が発生する。これにより適切なグループにおいて、余計なことを意識することなく集計ができる。   SU …

no image

Calculateを使った複雑なフィルタコンテキストをかけてみる。

ValueフィールドにかかっているフィルタはCategoryとCalendar Yearがかかっている。 何も指定しないでSales Amountを取得すると、特定のカテゴリ、特定のCalendar …

no image

calculateの意味

calculateに指定するパラメータは一つのExpressionと複数のフィルタ。 Calclateは受け取ったフィルタに合わせてフィルタコンテキストを書き換える。つまりVisualとは独立したフィ …

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー