科学の箱

科学・IT・登山の話題

PowerBI

DATESYSTDとTOTALYTDの違い

投稿日:2021年6月24日 更新日:

https://www.pbiusergroup.com/communities/community-home/digestviewer/viewthread?GroupId=547&MessageKey=83bbe78e-08c6-48fe-8480-b64252b5f8dc&CommunityKey=b35c8468-2fd8-4e1a-8429-322c39fe7110&tab=digestviewer&ReturnUrl=%2Fcommunities%2Fcommunity-home%2Fdigestviewer%3FCommunityKey%3Db35c8468-2fd8-4e1a-8429-322c39fe7110

 

DATESYSTD will return a column with the dates up to now. (You can use datesystd to manipulate the date).

TOTALYTD is an aggregate function that will return a scalar (single) value. For instance, used with a SUM, you will get the SUM of value from beginning of the year up to now.

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-PowerBI

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

参照先テーブルから値を取得する

前提条件としてモデルでリンクが設定されていてかつActiveになっていること。   related関数は第一引数にテーブル+フィールド名を与えるとリンクが張られている値をとってくれる。 &n …

no image

Relationのプロパゲーションを説明している良い資料

https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/transform-model/desktop-relationships-understand こちらのアニメーシ …

no image

トランザクションデータからマスターデータを簡単に作成する方法

Allをカラムに対して掛ければよい。 Categories = ALL ( ‘Product'[Category] )   Related posts:グループ化して新しいテーブルを作るため …

no image

新しいテーブルをReport Viewで作成するためのDAX

Table = filter(Severity, Severity[Severity]=1)   Related posts:グループ化して新しいテーブルを作るためのDAX新しいカラムとメジ …

no image

DAXを一言でいうと

DAXを理解するのは難しいが、一言でいうとテーブルを戻すlambda関数と考えればよい。 テーブル情報を入力として、計算をしてテーブルを返す。それだけである。 ただし入力と出力の型が決まっているために …

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー