科学の箱

科学・IT・登山の話題

Juniper

ping疎通がうまくいかない時の対処方法

投稿日:2013年8月2日 更新日:

  • ポリシーをすべて無効にする
  • ZoneをTrustに所属させる
  • ログを見る
  • routingを確認する
  • default gatewayを確認する

defaultポリシーはtrust -> untrustがany anyで許可されている。pingはuntrust -> trustであるためにこのポリシーを入れ込む必要があった。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Juniper
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Radiusでのログインが失敗するときの対応

Screen OSでRadiusを利用してログインをする時に正しいユーザーIDとパスワードを入力しているにもかかわらず、失敗する。 ローカルログインは成功するのでプロトコル(https/ssh)でマネ …

no image

ルーティングベースVPN

ルーティングベースVPNの設定手順は以下のようになる。 トンネルインターフェース作成 (unnumbered) Phase1 ( Gateway )作成 Phase2(VPN)作成 Routingを設 …

no image

2台のJuniperをつなげて疎通するときのポイント

ping疎通までに必要な設定 Routingを設定する Untrust -> TrustへのPolicy 基本はこの2つを設定すれば疎通はできるはず。   Related posts: …

no image

Static -> RIP -> OSPFで再送する

20140909153014162 ネットワーク構成図はきれいにまとめる時間がないので添付を参照してほしい。 テストとしてStatitcをRIPに再送、そのままOSPFに再送をかけてみた。 SSG5側 …

no image

ScreenOSでコンソールのタイムアウトをなしにする

set console timeout 0 set admin auth web timeout 0 Related posts:ping疎通がうまくいかない時の対処方法2台のJuniperをつなげて …

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

side bar top



最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー