科学の箱

科学・IT・登山の話題

機械学習

データ分析の基本と業務

投稿日:

開発生産性は調和平均で計算する。

安全性の在庫の計算には正規分布を利用できる。

標準偏差=5であることを利用すると何が言えるか。

  • Z=1.96で95%をカバーする。
  • よって 5 x 1.96でほぼ10で95%をカバーする

相関をとらえる方法

  • 散布図
  • バブルチャート

ボックスプロットは何に使えるか。

  • 相反する値
  • boolean

相関を知る

  • プロット
  • 相関係数
    • recommendに使える
  • 回帰分析
    • 価格弾力性

期間分析

  • Zチャート
  • 平滑
  • 移動平均
  • GCAR
  • ファンチャート

売り上げにおける多次元分析

  • 売上→製品別→チャネル別
  • 売り上げ見込み→確度→次元

顧客 RFM分析→マーケティングアプローチ(4P)

主成分分析により変数を減らす

データマインニング

  • アソシエーション
  • シーケンス
  • クラスタ
  • デシジョンツリー

PDCAにおけるBIの利用

  • P: 計画の根拠や予算の積み上げ
  • D: 売上、利益、コスト、比較問題の発見
  • C: Dをさらに掘り下げる、要因→仮説→検証

データ分析の基本と業務 (仕組みが見えるゼロからわかる)

新品価格
¥2,394から
(2013/12/18 14:29時点)

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-機械学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仕事で始める機械学習 – 6章 効果検証

効果検証のステップ 問題認識: 顧客の機器利用率が低い 問題の影響: 長期的なメンテナンス契約からの利益の確保 課題設定候補: メンテナンス以外からの利益確保 新規顧客からの利益 顧客利用率を上げる …

no image

R Dataset – AirPassengers

データの説明 1949~1960年における月別飛行機搭乗者数 フォーマット このデータは時系列データであることがわかる。 > str(AirPassengers)  Time-Series [1 …

no image

独立性の検定 2つ

ニートの年齢別割合が1996年と2012年で関連性があるか独立性の検定をしてみる。 ニートの割合  1996 2012 15~19歳 9 9 20~24歳 12 17 25~29歳 10 18 30~ …

no image

SIGNATE お弁当の需要予測-2

データの内容を確認する。 期間を調べる d_train[‘datetime’].min() ‘ ‘2013-11-18’ d_train[‘datetime’].max() ‘ ‘2014-9-9’ …

no image

Pythonではじめる機械学習 – Chap04

4.4 Binning, Discretization, Linear Models, and Trees ビン化のメリット 決定木でビン化するメリットはあまりない 決定木はモデルの中で一つの特徴につ …

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー