科学の箱

科学・IT・登山の話題

機械学習

ポワソン分布の利用

投稿日:

一時間に平均7通のメールが来るとき100回試行した時のメール受信件数を調べる

> rpois(100,7)  
[1]  7 10  2  8  5  4  4  9  2  3  9  6  9  6  9  2  7  9  7  5  6  6  6 11  9  9  5  7  5  8  9  8  6 12  5  8 
[37]  9  8  4  8  6  6 13  7  6 12  7  5 14  7  9 11  8  6  6  4  5  5  6  6 10  5 10  6  4  6  6  6  5  8 11  9
[73] 10 12  5  7  6  6  2 11  6 12  5  7 13  6  6  3  8 11  3  5  9  4  8 16 11  7  9  7

少なくとも5通のメールがくる確率を求める

> ppois(5, 7)
[1] 0.3007083

90%の確率で発生するメールの受信件数を求める

> qpois(0.9, 7)
[1] 10

きっかり5件のメールがくる確率を求める

> dpois(5,7)
[1] 0.1277167

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-機械学習
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DictVectorizerを使ってカテゴリデータについて特徴抽出をする

都市における温度データを考える。 measure = [ {‘city’: ‘Dubai’, ‘temperature’: 33.}, {‘city’: ‘London’, ‘temperature’ …

no image

数値項目の分析テンプレート

数値フィールド1 数値フィールド1 rate – 1 rate – 2 データ型 算術平均 中央値 分散 トップ3 ボトム3 足切 時系列分析 層別候補 ヒストグラム カウント …

no image

スピアマンの順位相関

スピアマンの順位相関を利用して県のデータを使った相関係数を出してみる。 持家普及率を自動車普及率のランキングは、土地がせまいほど低く、有効な土地が広いほど高くなるために順位相関があると考えられる。 持 …

no image

Mahout in Action/chap2

2.1 レコメンドには2種類ある。 collaborative filtering contents based filtering collaborative filteringではコンテンツの内容 …

no image

make_blobsで分類データを作成する

sklearnで分類学習モデルを構築する際にテストデータが必要になる。手で作成したりあらかじめ用意されたデータを使うこともできるが、make_blobsを使ってランダムデータを作成できる。 sklea …

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー