科学の箱

科学・IT・登山の話題

Cisco

Cisco Desktop phone boot up processs

投稿日:

desktopphone_bootup

ブートアップ中に必要となるファイルは3つある。

  • SEP<mac>.cnf.xml
  • Dial Plan file
  • Soft key file

ブートアップシーケンスのポイント

  • IEEE802.3afで15.4 wattsがデリバーされる
  • CDPによりVLANが設定される。
  • DHCPによりIPアドレス、tftp オプション150が設定される

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Cisco
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MOHの基礎

CallManager の Music On Hold に関する FAQ MOH Related posts:IPTに表示される名前の設定箇所PoEについてhow to verify analog p …

no image

CUCM起動後に流すべきコマンド

SIPサービスが登録されているかを確認する show sip service 電話がレジストされたかを確認する show sip-ua register status SIPの統計情報を確認する→各パ …

no image

LDAP Sync topology

CUCMでLDAPがうまく動かないときに見るべきポイントはService ActivationとEnabling Synchronizing. LDAPとCUCMのシステム構成図   &nb …

no image

メールボックスの状況について確認する

メールボックスの状況について確認する場合には下記のコマンドを流す。 show voicemail mailboxes このコマンドではメッセージの数、メッセージの時間、メールボックスサイズ、使用比率が …

no image

Line Groupとデバイスの関係

CUCMでライングループ(LG)にデバイスを紐づける方法は2つある。 1. LGにダミー番号を用意する。このダミー番号に複数のデバイスを紐づける 2. LGにダミー番号を紐づける。このダミー番号に一つ …

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー