科学の箱

科学・IT・登山の話題

Juniper

Static -> RIP -> OSPFで再送する

投稿日:

20140909153014162

ネットワーク構成図はきれいにまとめる時間がないので添付を参照してほしい。

テストとしてStatitcをRIPに再送、そのままOSPFに再送をかけてみた。

SSG5側では下記の設定をしている。

  • staticルートを設定
  • WAN/LAN側でRIPを構成
  • staticをRIPに再送

SSG5ですべての設定が完了したら以下の手順で確認をする。

trust-vrでRIPが有効になっているかを確認する。

get vrouter trust-vr protocl rip

trust-vrでWAN/LANインタフェースでRIPが有効になっているかを確認する。

get vrouter trust-vr protocl rip interface

trust-vrで再送用のACL, Route-mapが正しく構成されているかを確認する

get vrouter trust-vr

staticルートがripに再送されているかを確認する

get vrouter trust-vr protocol rip database

次にSSG – XTでRIPの設定をする。この設定によりSSG5からのRIPデータがすべて流れ込んでくる。

  • WAN側でRIPを構成

確認事項はSSG5のRIPと同じであるが、rip databaseコマンドでstaticがRIPとして入ってきていることを確認する。

次にSSG-XTでOSFPの設定をする。

  • vrouterでOSFPを有効にする
  • LAN側インタフェースでOSPFを有効にする。
  • 再送リストを作成して,OSPF設定からRIPに再送リストを割り当てる。

設定が完了したら以下の手順で確認する。

trust-vrでOSPFが有効になっているかを確認する。

get vrouter trust-vr protocl ospf

trust-vrでWAN/LANインタフェースでRIPが有効になっているかを確認する。

get vrouter trust-vr protocl ospf interface

trust-vrで再送用のACL, Route-mapが正しく構成されているかを確認する

get vrouter trust-vr

ripルートがospfに再送されているかを確認する

get vrouter trust-vr protocol ospf database

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Juniper

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VPNでRIPでルーティングする

まずルーティングベースのVPNを設定する。設定方法についてはこちらを参照する。 RIPによるルーティングの手順は以下の通りである。 Virtual RouterでRIPを有効にする ルーティングテーブ …

no image

VIP

MIPとVIPの違いはUntrust側のIPにportを設定することができるか。MIPではIPアドレスしか設定できない。例えば10のグローバルサーバーを設定したければ10の公開IPアドレスが必要になる …

no image

VPNでRIPを利用しているときの調査手順

VPNでRIPを利用した時のトラブル対応手順をまとめておく。 VPNがリンクアップしていて通信が正常にできないとき、原因としては2つ考えられる。 – ポリシー – ルーティング …

no image

ping疎通試験

ping疎通試験をするときには各インターフェースでService Options -> Other Servicesでpingにチェックを入れること。 ちなみにこの項目はその他のIPサービスも含 …

no image

Juniper Firewall SSG5 ファクトリリセット

背面にあるリセットボタンを使ってファクトリリセットをできるが、少々面倒くさい。 リセットスイッチを押すとグリーンからオレンジ色になる。 オレンジ色から緑になったら離す。 コンソールには下記のメッセージ …

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー