科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

python data scientist bootcamp

投稿日:

pythonでdata分析をしたいと思ったが学校に通う時間もお金もない。udemyで検索したところ英語版であるが1400円!でコースが見つかったのでこちらを受けることにした。

https://www.udemy.com/python-for-data-science-and-machine-learning-bootcamp/

この講座ではjupiterという環境で開発を進めるらしい。

http://jupyter.org/index.html

Jupiterはデータ分析、python用に開発されたツールではない。Jupiterはオープンソースで開発されたプログラム開発を双方向で実施するための様々な機能を盛り込んだ開発環境といえる。

様々な言語で利用できるが今回はpythonで利用する。

pythonでjupiterを設定するにはまずanaconda distributionをインストールする。

インストールが完了したらjupiterをインストールする、、、のだがAnacondaのインストールに時間がかかっているので本日はここまで。4/143

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

dataframe形式で便利なのはいろいろなメソッドが用意されているから

dataframeにすることのメリットは何かといわれると、dataframeにしたとたんに様々な処理をメソッドで実行できるからである。 例えば値がNaNになっていると、処理を進めるうえでいろいろな問題 …

no image

graphvizのコマンドラインから実行

dot -Kdot -Tpng test.dot -o test.png Related posts:automated the boring – day4pandaのチュートリアルSIGNATE お …

no image

Scrapy – Install

インストールガイドはこちら https://doc.scrapy.org/en/latest/intro/install.html#intro-install anacondaにインストールする co …

no image

bing image searchをpythonで利用

Azureへの登録+Bing Search APIを登録についてはこちらのサイトが詳しい。 https://qiita.com/ysdyt/items/49e99416079546b65dfc ただし …

no image

Numpyまとめ

環境及びインポート numpyのインポートおよび環境確認 配列生成 配列をリストから生成 配列の属性を確認 すべての要素が同じ値を持つ配列を生成 空の配列を生成 numpy.linspace()を使っ …

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー