科学の箱

科学・IT・登山の話題

未分類

SAPでバックグラウンドジョブを確認する方法

投稿日:

se16でジョブ基本情報を取得する。

se16を実行したらテーブル: TBTCPを照会する。

テーブル照会画面でJob Nameから探したいジョブを探す

PrognameとSDLUNAMEをメモする。

SM37を実行する。

ジョブの一覧が表示されるので探しているジョブをクリックする。

ステップをクリックするとプログラム名/コマンドが表示される。

プログラム名/コマンドをメモする。

SE38からABAPソースを確認する。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Oracleの起動確認

tnsping localhost サービスからOracle関連のサービス起動を確認 Related posts:show power detailサーバー室の床について選択をする際のメモすでに起動し …

no image

エクセルで名前の重複エラーが出た時の対処方法

エクセルの話になるが少々はまったので、、、 シートをコピーするときに下記のエラーが表示されることがある。 この現象は正確にはエラーではない。シート上で定義されていた名前が、シートをコピーするときに複製 …

no image

サーバー室の床について選択をする際のメモ

サーバー室の床に静電気がたまると機械が誤作動を起こしたり、一時的に強い電気が流れてサーバーやネットワーク機器を破壊してしまう可能性がある。 床に静電気をためないようにする仕組みの一つに帯電防止床(Un …

no image

show power detail

# show power detail #sh power detail Power Fan Inline Supply Model No Type Status Sensor Status —- …

no image

list trace vdn xxxxxxx has data locked

Avayaで問題が発生したときによく利用するコマンドがlist trace vdnである。 list trace vdnコマンドは実行されると対象となるvdnを排他的にロックする。そのためにlist …

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー