科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

K近傍法でデータを分析

投稿日:2018年4月19日 更新日:

K近傍法の手順

  • データ読み込み
  • EDA
  • スケーリング
  • K選択前処理
  • モデル評価
  • K選択
  • モデル構築

 

K近傍法でデータを分析する際にはseabornのpairplotが役に立つ


df = pd.read_csv('Project_Data')

sns.pairplot(df,hue='TARGET',palette='coolwarm')

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

seabornをEDAに応用する

seabornを利用すれば基本となるビジュアルと分布、regressionをすぐに取得できる。 import seaborn as sns tips = sns.load_dataset(‘tips’ …

no image

django install

まずはdjangoをインストールする pip install django   Versionを確認する python -m django –version はじめてのプロジェク …

no image

automated the boring – day5

さて、ここまででフロー、文字列、型、ファイル等を扱い、基礎プログラミングとしては一段落できた。 今日からは後半戦にはいり、開発をするうえで実践で必要になる技術を学んでいく。 まずはデバッグからである。 …

no image

データ分析で理解しておくべきPythonのデータ構造

Pythonでデータ分析を行う際には基本のデータ構造を理解しておく必要がある。 scikit-learnなどのフレームワークは特定のデータ構造を入力とすることを前提にしている。用意したデータがフレーム …

no image

model.coef_の確認

重回帰分析で重みを確認するには下記を利用する。 model.coef_ ただしこれだと有効桁数が分かりにくいので有効桁数を3桁にして、さらに指数を展開する。 np.set_printoptions(p …

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー