科学の箱

科学・IT・登山の話題

Windows

Win10で検索ボックスが動かないときの対応方法

投稿日:2019年6月18日 更新日:

Win10からスタートボタンの隣にある検索ボックスに文字を入れると自動的に検索をして、実行したいプログラムを検索してくれる。

例えばコントロールパネルを開きたいときには”コントロール”と入力すればよい。

しかしこの検索ボックスが正常に働かず、どんな文字を入れてもブランクのままになってしまうときがある。

原因は不明であるが、Cortanaプロセスと関連するようだ。

対応方法としては、タスクマネージャーからCortanaのプロセスをkillしてあげるとよい。killされたプロセスは自動的に立ち上がる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Windows

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IISがRSTを送ってくる件-1

IISがRSTを送ってくる件について調べた結果下記の現象であることがわかった Users receive a “The page cannot be displayed” error message, …

no image

フォルダリダイレクトではまった件

ファイルサーバー移行に伴い、共有フォルダおよびホームドライブを移行した。 一般的なファイルサーバー移行手順をまずはまとめておく ターゲットフォルダの選定 フォルダオーナーの設定 現在のセキュリティ設定 …

no image

You don’t have permission to save in this location.

ブラウザからPDFを保存しようとしたところローカルアドミンがあるにもかかわらず下記のエラーが出て保存ができない。 You don’t have permission to save in …

no image

パフォーマンスモニタの監視項目

http://a-programmer.blog.so-net.ne.jp/2006-12-05 Related posts:Windowsログオン認証についてのメモTerminal Server L …

no image

WSUSで同じKBについて2つのアップデートがある件

SilverlightのアップデートKB2977218(Silverlight5.1.30514.0)でWSUSから確認すると2つのアップデートがあることがわかった。 この2つのアップデートをインスト …

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

side bar top



アーカイブ

カテゴリー