科学の箱

科学・IT・登山の話題

Windows

Win10で検索ボックスが動かないときの対応方法

投稿日:2019年6月18日 更新日:

Win10からスタートボタンの隣にある検索ボックスに文字を入れると自動的に検索をして、実行したいプログラムを検索してくれる。

例えばコントロールパネルを開きたいときには”コントロール”と入力すればよい。

しかしこの検索ボックスが正常に働かず、どんな文字を入れてもブランクのままになってしまうときがある。

原因は不明であるが、Cortanaプロセスと関連するようだ。

対応方法としては、タスクマネージャーからCortanaのプロセスをkillしてあげるとよい。killされたプロセスは自動的に立ち上がる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Windows

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

win10 ppkgに関連するコマンド

get-provisioningpackage -PackagePath JP-1809-base.ppkg Get-ProvisioningPackage ーAllInstalledPackages …

no image

Windows Security Updateのスケジュールについて考えてみる

MicrosoftからはWindows Security Updateは毎月第二火曜日に公開される。日本では時差の関係上第2水曜日もしくは第3水曜日となる。 セキュリティ情報リリース スケジュール W …

no image

WiFiの接続でインターネット接続なしと表示される

WiFiを利用しているときにタスクトレイのアイコン表示がかわり、インターネット接続なしと表示されることがある。 この状態になるとローカルエリアネットワークにある、例えばプリンターなどにはアクセスできる …

no image

RDPで表示されている画面が小さくて文字が読めない

クライアントサーバーベースのアプリケーションでは管理上の手間を省くために、アプリケーションサーバーを構築しクライアントからRDPで接続する構成をとることがよくある。 ラップトップの入れかえや新しく入っ …

no image

diskpartで複数パーティションを作成

windows 10 イメージを作成する際にrufasでbootable USBを利用と考えた。しかし一部のラップトップではUEFIからRufasのパーティションを参照できないことが判明。diskpa …

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

side bar top



アーカイブ

カテゴリー