科学の箱

科学・IT・登山の話題

PowerBI

Calculateを使った複雑なフィルタコンテキストをかけてみる。

投稿日:2021年6月19日 更新日:

ValueフィールドにかかっているフィルタはCategoryとCalendar Yearがかかっている。

何も指定しないでSales Amountを取得すると、特定のカテゴリ、特定のCalendar Yearとなる。

特定の年における合計だけ出したい場合には、まずSalesにかかっているすべてのフィルタを削除する。次にValuesでフィルタに利用したいカラムを指定する。ここはわかりにくい。Valuesは単体で使用すると対象となるカラムについてDistinctで複数値を返す。しかしこの場合には、カラムを参照するということを意味し、そのカラムをフィルタで利用できるようにしている。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-PowerBI

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新しいテーブルをReport Viewで作成するためのDAX

Table = filter(Severity, Severity[Severity]=1)   Related posts:グループ化して新しいテーブルを作るためのDAXSUMとSUMXの …

no image

参照先テーブルから値を取得する

前提条件としてモデルでリンクが設定されていてかつActiveになっていること。   related関数は第一引数にテーブル+フィールド名を与えるとリンクが張られている値をとってくれる。 &n …

no image

計算列とメジャーの違い

計算列は値を一つ一つの行しか見ない。いったん計算されるとPower BI上のVisualで変更されることはない。 それに対してメジャーは選択の範囲により計算に入力する行の範囲が異なってくる。すべての行 …

no image

RelatedをSQLにしてみるとどうなるか

VAR SalesOfCurrentProduct = RELATEDTABLE ( Sales ) RETURN COUNTROWS ( SalesOfCurrentProduct ) このコードは …

no image

グループ化して新しいテーブルを作るためのDAX

Groupbyで新しいテーブルをグループ化して戻すことができる。 第一引数がグループ化したいテーブル名、第二引数がグループ化するフィールド、第3引数がグループ化した結果を収めるフィールド名、第4引数が …

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー