科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT Network

Cisco Prime Infrastructure Training on youtube Part 2

投稿日:

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #8 Leveraging Collected Information

ダッシュボードは管理しているネットワーク機器の概要を見るためのページであり問題を発見するためのスタートポイントになる。ダッシュボードで問題があったらMonitoringから個々の機器についての情報を取得する。デバイス情報の取得はSNMPやsyslogからも集めることができる。

Monitorから確認できるAPの情報は以下がある。

  • 該当デバイスへのping
  • デバイスの構成
  • インタフェースの状態
  • 現在APにつながっているクライアント
  • Utilizationの履歴

Archive Configurationを利用すると過去の構成情報にアクセスできる。

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #9 Configuring the Device

Chapter 8ではすでに構成が完了した機器について情報を確認した。Chapter 9では機器を実際に構成変更する。構成変更は通常機器にtelnetしたりWebUIから実行するがPIからも可能である。

構成は繰り返すことが多いのでテンプレートから作成できる。

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #10 Create Your Own Template

テンプレートはあらかじめ用意されているもの以外に自分でテンプレートを作成することができる。環境にあったテンプレートを作成しておけば何百台ものAPについての構成も自動化できる。自動化することのメリットは時間と構成ミスの軽減である。

テンプレートはCLIベースで記述ができる。またパラメータも利用できるので柔軟な記述が可能になる。パラメータを利用することで変更があった際にも、修正箇所が一箇所で済む。

またテンプレートをグループ化することができる。構成をカテゴリに分けてバージョンを作成しておく。これによりロケーションやサイト、部署によりテンプレートを組み合わせて利用できる。買い物をするときに必要なものだけをバスケットにいれるように、自分の要件に合わせたテンプレートを作ることができる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT, Network
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows 7 <-> Windows 2008 R2でファイル転送が遅い

こちらが続編になります。Windows 7でCIFS遅延が解決した Windows 7 <-> Windows 2008 R2で通信をする際にWindows 7からWindows 2008 …

no image

Outlook – Cannot perform the requested operation.

Outlookで配布リストに送ると送信エラーが返ってくる。 #550 5.1.1 RESOLVER.ADR.ExRecipNotFound; not found ## 配布リストをクリックして展開しよ …

no image

cmderでとりあえず覚えておくショートカット

ctrl + @  : cmderを最小化<->画面呼び出し ctrl + t : 新しいtab呼び出し画面表示 ctrl + tab : タブの移動 ctrl + w : タブを閉じる …

no image

Firefoxでステータスバーが消えた。

バージョンが上がると消えてしまうらしい。その時にはプラグインで以前のステータスバーを表示することができる。 Status-4-evar https://addons.mozilla.org/ja/fi …

no image

git -commitする前に確認すること

git -commitにより変更はステージングエリアからリポジトリに登録される。この時点で履歴を追うことができる変更として取り扱われる。pull-requestが承認されればgithubにも登録される …

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

side bar top



最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー