科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT Network

Cisco Prime Infrastructure Training on youtube Part 2

投稿日:

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #8 Leveraging Collected Information

ダッシュボードは管理しているネットワーク機器の概要を見るためのページであり問題を発見するためのスタートポイントになる。ダッシュボードで問題があったらMonitoringから個々の機器についての情報を取得する。デバイス情報の取得はSNMPやsyslogからも集めることができる。

Monitorから確認できるAPの情報は以下がある。

  • 該当デバイスへのping
  • デバイスの構成
  • インタフェースの状態
  • 現在APにつながっているクライアント
  • Utilizationの履歴

Archive Configurationを利用すると過去の構成情報にアクセスできる。

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #9 Configuring the Device

Chapter 8ではすでに構成が完了した機器について情報を確認した。Chapter 9では機器を実際に構成変更する。構成変更は通常機器にtelnetしたりWebUIから実行するがPIからも可能である。

構成は繰り返すことが多いのでテンプレートから作成できる。

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #10 Create Your Own Template

テンプレートはあらかじめ用意されているもの以外に自分でテンプレートを作成することができる。環境にあったテンプレートを作成しておけば何百台ものAPについての構成も自動化できる。自動化することのメリットは時間と構成ミスの軽減である。

テンプレートはCLIベースで記述ができる。またパラメータも利用できるので柔軟な記述が可能になる。パラメータを利用することで変更があった際にも、修正箇所が一箇所で済む。

またテンプレートをグループ化することができる。構成をカテゴリに分けてバージョンを作成しておく。これによりロケーションやサイト、部署によりテンプレートを組み合わせて利用できる。買い物をするときに必要なものだけをバスケットにいれるように、自分の要件に合わせたテンプレートを作ることができる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT, Network
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RemoteFPingの設定

SmokePingで拠点間のping情報を集約する方法は2通りある。一つはslaveモードを使う方法。もう一つはRemoteFPingを使う。 Slaveは以前設定をしたことがある。不都合としては3点 …

no image

Dynamipisのインストール

Dynamipsを利用するときに2つのバージョンを利用できる。 Dynagen GNS3 DynagenはCiscoシミュレータであるDymapis本体が含まれている。それに対してGNS3にはシミュレ …

no image

wiresharkのエラー

Wiresharkでエラーが出ているかを確認する。 左下に赤い●が出ていたら、キャプチャしたパケットで大量にエラーが出ていることを示す。 エラーが発生しているパケットは、キャプチャしたパケットで黒くハ …

no image

Error code: ssl_error_no_cypher_overlap

FirefoxをバージョンアップしたらSSLでつながらなくなったサイトが出てきた。URLにアクセスすると表示されるのが下記のエラーメッセージである。 Error code: ssl_error_no_ …

no image

複数の端末でブックマークを共有する方法

会社で利用しているIBMパソコン、家で利用しているDELLのラップトップ、会社支給のiPhone、自分のiPhoneと普段使いの端末だけで4台ある。 またそれぞれの端末で使っているブラウザも複数種類あ …

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー