科学の箱

科学・IT・登山の話題

Network

Cisco Prime Infrastructure Training on youtube Part 3

投稿日:

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #11 Monitoring the Health of your Network

ネットワーク機器について様々な監視ができる。またAlarmをトラッピングすることできる。例えばSyslogから特定のイベントについてアラームを発砲できるので、様々なイベントに対応できる。

アラームを検知するとアクションがとられる。アラームを監視しているエンジニアとアクションを起こすエンジニアは異なることがある。たとえば監視はグローバルベースでおこない、アクションは地理的なエンジニアに頼るケースである。この場合特定のアラームをローカルエンジニアにアサインすることが可能である。またアラーム一覧についても自分にアサインされたアラームのみをフィルタリングできる。

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #12 Design and Deploy for Advanced Monitoring

Advanced Monitoringではより詳細な機器の情報について監視をできる。詳細な監視をすべての機器に適用する必要はない。例えば特定の機器で、一つのインタフェースに問題が発生している場合には、そのインタフェースを監視するような設定ができる。そのほかにはネットワークトポロジで1/1は外部との接続あるいはメイン回線とつながっていることが多い。このリンクがダウンするとインパクトが大きいので、このポートについても監視しておくとよい。

これらの監視はテンプレートとして作成できる。一つの監視テンプレートを作成しておけば複数台へ同じ監視項目を適用できる。

アラームを上げるタイミングは閾値で制御できる。例えばpollingする場合には連続して5回失敗したらアラームを上げるという設定ができる。閾値でアラームを上げるタイミングを制御することで環境に合わせた正確な監視ができる。

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #13 – Enabling Interface Monitoring

インタフェースレベルの監視はデフォルトでは無効になっている。まずシステムレベルでインタフェースの監視を開始、さらに監視項目を設定する。監視項目は多岐にわたるので自分が必要な項目を選択しないと、情報の嵐に埋もれてしまい、大事なアラームを見逃すことになる。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Network
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows 7でCIFS遅延が解決した

Windows 7からWindows 2008R2へcifsを利用した際にuploadが使い物にならないほど遅かった。LAN間通信で同じスイッチにつながれているのに200kbpsとありえない数値だった …

no image

VPNでRIPを利用しているときの調査手順

VPNでRIPを利用した時のトラブル対応手順をまとめておく。 VPNがリンクアップしていて通信が正常にできないとき、原因としては2つ考えられる。 – ポリシー – ルーティング …

no image

Wiresharkのフィルターメモ

IPアドレスをサブネットでフィルタする ip.src == 10.72.32.0/24 QOSパケットをフィルタする ip.dsfield.dscp==46 Related posts:Alcatel …

no image

httpでダウンロードするときに途中で終わってしまう件

httpで100MBをダウンロードしているのだが、1MBで勝手に終了してしまう。 とりあえずパケットキャプチャをしてみるとFIN ACKがサーバーから来ているのを確認した。 なんでこれが送られてくるの …

no image

WiFi APをロールアウトするときのメモ-1

そもそもなぜWiFi APを導入するのか よくある理由 ユーザーに利便性を提供したいからなのか イベントなので不特定多数があつまる機会があるのか 季節や時間で変動する要素があればセッション数の履歴を取 …

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー