科学の箱

科学・IT・登山の話題

R

Rオブジェクト指向のメモ

投稿日:

whichではwhich.minとwhich.maxが用意されているという指摘を受けたので調べ見てた。

which.minとwhich.maxはRでいうところのオブジェクト指向を利用した構造にみえる。クラスのメソッドを表示してくれるmethods()関数をwhichに適用してみると以下の結果になる。

> methods(which)
[1] which.max which.min

この結果から2つのことがわかる。

  1. whichオブジェクトはそれ自体が関数であると同時にwhichオブジェクトとしてmaxとminのメソッドをもつ。

この点を確認するためにclass()でwhich, which.min, which.maxについて確認してみる。

> class(which)
[1] "function"
> class(which.min)
[1] "function"
> class(which.max)
[1] "function"

上記よりすべては関数として定義されていることがわかる。ではオブジェクトとしてのwhichはどこになるのか。

Rではオブジェクトは大きく2つに分かれる。S3とS4である。S3はRでもっともよく使われているオブジェクト形式でありさまざまなオブジェクト(printやplot)で利用されている。Rでいうところのオブジェクト指向はポリモーフィズムである。plotはさまざまな型を受け入れて、グラフを描画することができる。methods()を使うと受け入れる型が表示される。

> methods(plot)
 [1] plot.acf*            plot.correspondence* plot.data.frame*     plot.decomposed.ts*  plot.default         plot.dendrogram*    
 [7] plot.density         plot.ecdf            plot.factor*         plot.formula*        plot.function        plot.ggplot*        
[13] plot.gtable*         plot.hclust*         plot.histogram*      plot.HoltWinters*    plot.isoreg*         plot.Krig           
[19] plot.lda*            plot.lm              plot.mca*            plot.medpolish*      plot.mlm             plot.ppr*           
[25] plot.prcomp*         plot.princomp*       plot.profile*        plot.profile.nls*    plot.qsreg           plot.ridgelm*       
[31] plot.spam            plot.spatial.design  plot.spec            plot.sreg            plot.stepfun         plot.stl*           
[37] plot.surface         plot.table*          plot.ts              plot.tskernel*       plot.TukeyHSD        plot.vgram.matrix

S3オブジェクトはclass名とdispatch機能からなりたつ。パラメータを受け取るとその型に合ったメソッドを呼び出す。これはdispatch機能が実行している。plotやprintなどポリモーフィズムを取り扱う関数をgeneric functionと呼んでいる。つまりobject本体があるというよりもdispatchするための関数があると考えるほうがわかりやすい。

さてwhich()についてmethods()の結果を見ると以下のようになっている。

> methods(which)
[1] which.max which.min
 警告メッセージ: 
In methods(which) :  関数 'which' は総称的では無いようです

whichはprintやplotとはことなりdispatchができないと考えられる。whichという関数にさらにmaxとminという関数を紐付けただだ。

これをソースから見てみる。

> plot
function (x, y, ...) 
UseMethod("plot")
<bytecode: 0x000000002188e278>
<environment: namespace:graphics>

plot()はコードとしては一行であり UseMethodのみである。このUseMethodによりdispatchされている。

Printの結果は以下のようになっている。

> print
standardGeneric for "print" defined from package "base"

function (x, ...) 
standardGeneric("print")
<environment: 0x00000000107010b8>
Methods may be defined for arguments: x
Use  showMethods("print")  for currently available ones.

こちらも一行であり、standardGenericとなっている。UseMethodはS3におけるgeneric functionの定義方法であり、standardGenericはS4における定義方法という違いがある。

これに対してwhich()は以下のようになっておりdispatchができない。

> which
function (x, arr.ind = FALSE, useNames = TRUE) 
{
    wh <- .Internal(which(x))
    if (arr.ind && !is.null(d <- dim(x))) 
        arrayInd(wh, d, dimnames(x), useNames = useNames)
    else wh
}
<bytecode: 0x0000000006caeae8>
<environment: namespace:base>

そのためwhich.minとwhich.maxは能動的に呼び出す必要がある。

参考

アート・オブ・Rプログラミング

新品価格
¥3,456から
(2014/6/12 16:40時点)

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-R
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

rvestで読み込むcssを調べる方法

rvestで対象とするhtmlのブロックは下記のように取得できる。 http://blog.rstudio.com/2014/11/24/rvest-easy-web-scraping-with-r/ …

no image

Rで日付データをhistgramで表示するときのポイント

Rでヒストグラムはhist()関数を使って描画する。この時与えるデータによりブレーク引数が異なることがわかった。 まず下記がデフォルトのhist()関数のヘルプである。 hist(x, breaks …

no image

Rによるやさしい統計学/7-分散分析

(1)学部によりテストの結果に有意な差があるかを調べる。 データはcsv形式で作成し、7_1_test_score.csvとする。以下はデータの内容。 法学部,文学部,理学部,工学部 75,62,65 …

no image

Rによるやさしい統計学/5-統計的検定-2

練習問題-2 勉強時間と定期試験の点数についてデータを作成する。 study_time <- c(1, 3, 10, 12, 6, 3, 8, 4, 1, 5) point <- c(20 …

no image

回帰分析

回帰分析の手順 データを取得する。 回帰分析をする意味があるかを検討する 回帰分析のモデルを検討する 回帰分析をする 回帰分析の結果について考察する 回帰分析のメモ 回帰分析では目的変数を説明できる変 …

2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー