科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

kaggle Titanic Tutorial – 8

投稿日:2018年6月1日 更新日:

前回の結果がいまいちだった。これまではAgeは平均値でNullを埋めていた。平均値では明らか実際のデータと差異が出ると考えられる。そのためAgeがない情報についてより正確なAgeで補完するようにした。実際には下記のコードを利用して、性別・クラス別・タイトル別・ファミリーサイズで平均値を出して、その結果を利用して補完した。これで少しはScoreが上がると予想していたが残念ながら下がった。


d_train_g = d_train_g = d_train.groupby(['Sex','Pclass','title', 'FamilySize'])
d_train_g_m = d_train_g.median()
d_train_g_m = d_train_g_m.reset_index()[['Sex', 'Pclass', 'title', 'FamilySize', 'Age']]

 

原因として考えられるのは上記4項目がAgeと相関がない可能性がある。そこで相関を調べてみたところ以下のようになった。


d_train.corr()


plt.matshow(d_train.corr())

 

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

kaggle Titanic Tutorial – 11

kaggleで人気があるlightGBMをつかってみる。   インストール pip install lightgbm 特に問題がなく終了。 コード、関係するところだけ記載。 split_be …

no image

jupyterで補完機能をつかう

まずはnbextentionsをインストール conda install -y -c conda-forge jupyter_contrib_nbextensions 次にnbextentionsタブ …

no image

Heroku + Python Day 1

Pythonでの機械学習の勉強が少し一段落したので、別の側面からPythonをさらに利用してみる。 現在はpythonを利用できるのはローカルの環境だけである。これを将来的にはインターネット上でスケジ …

no image

複数のグラフを表示する方法

ここでは以下を説明する。 複数のグラフを表示する2つの方法 サブプロットのグラフを整形 複数のグラフを表示する 複数のグラフを表示するためには二通りの方法がある。 subplots()を使ってあらかじ …

no image

RoboBrowserでUser Agentが原因ではねられているとき

RoboBrowserを利用していると通常のブラウザでリクエストした時とは異なりエラーがページが返ってくることが多い。 原因はいくつかあるがまず試したいのはUser-Agentの設定。 RoboBro …

2018年6月
« 5月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

side bar top



最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー