科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

pythonからgoogle translateを使う

投稿日:2019年6月19日 更新日:

まずはパッケージをpip経由でインストール

pip install googletrans

これで完了。あとは利用するだけです。

日本語を英語に翻訳するとき。

translator = Translator()
print(translator.translate(“How are you today?.”, dest=’ja’))

結果

Translated(src=en, dest=ja, text=今日は元気ですか?。, pronunciation=None, extra_data=”{‘translat…”)

英語を日本語に訳すとき

translator = Translator()
print(translator.translate(“こんにちは、お元気ですか”, dest=’en’))

結果

Translated(src=ja, dest=en, text=Hello, how are you, pronunciation=None, extra_data=”{‘translat…”)

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グリッドサーチ

機械学習のアルゴリズムを利用する際に一つの問題がパラメータの最適化。例えばSVMではガンマパラメータを適切に設定しないと結果は使い物にならないことがある。このパラメータは自分で設定する方法もあるが、P …

no image

連続データのビジュアル

Kaggle TitanicのFareを使っていくつかビジュアル 金額別ヒストグラム-1 titanic_df[‘Fare’].plot(kind=’hist’, figsize=(15,3),bin …

no image

numpyで配列を抜き出す方法

numpyで配列を抜き出す まず基本となるやり方 arr = np.arange(50).reshape(5,10) arr[1:1,] arr[1:2,]   np.arange(50)で …

no image

jupyterで補完機能をつかう

まずはnbextentionsをインストール conda install -y -c conda-forge jupyter_contrib_nbextensions 次にnbextentionsタブ …

no image

SIGNATE お弁当の需要予測-3

Seabornを利用してデータをビジュアル化してみる。 まずは売り上げの分布図から sns.distplot(d_train[‘y’], kde=False, rug=False, bins=50) …

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

side bar top