科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

Pythonで文字列を生成するときの方法についてまとめる

投稿日:

Pythonで文字列を生成するときには様々な方法があるのでまとめる。

まず最も基本となるのは生成したい文字をシングルクォーテーションもしくはダブルクォーテーションで囲む方法である。どちらの方法を使っても画面表示してみると違いがないことがわかる。

message_single = 'Hello Python Single!'
print(message_single)
# Hello Python Single!

 

message_double = "Hello Python Double!"
print(message_double)
# Hello Python Double!

 

文字列の中にシングルクオーテーションを含みたい場合には、生成する際にダブルクォーテーションで囲めばよい。

message = "I am saying 'Hello Python!'"
print(message)
# I am saying 'Hello Python!'

 

文字を連結させたいときにはカンマを使えばよい。

message = "I " + "am a " + "Python!"
print(message)
# I am a Python!

 

特殊な文字を代入したいときにはエスケープとして\を利用する。例えば文字列に改行コードを入れたい場合には\nとなる。

message = "This is line 1.\nThis is line 2.\nThis is line 3."
print(message)
# This is line 1.
# This is line 2.
# This is line 3.

 

また\をエスケープ記号ではなく文字列として取り扱いたいときには\\のようにする。これは最初の\が次の\をエスケープしているという意味になる。

message = '\\n'
print(message)
# \n

 

繰り返しの文字列を生成したい場合には*を使う。

message = "a" * 5
print(message)
# aaaaa

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

OpenCV

WindowsにOpenCVをインストールする場合に2つのやり方がある。 一つは様々な言語からOpenCVを利用できるようにする方法、2つ目の方法ではPythonからOpenCVを利用する方法である。 …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 5

ファミリーサイズを追加してみる。 ソースはこちらを参照した。 https://www.kaggle.com/lperez/titanic-a-deeper-look-on-family-size 主要 …

no image

numpyのインポートおよび環境確認

機械学習をする際には必須のnumpy。まずはインポートして利用できるようにする。 import numpy as np # 正しくインポートされれば基本的にはメッセージが出てこない。 逆に下記のような …

no image

kaggle Titanic Tutorial – 1

KaggleでTitanic tutorialにチャレンジしてみる。 Titanic: Machine Learning from Disaster https://www.kaggle.com/c/ …

no image

numpy.linspace()を使って等差数列を生成する

一次関数と等差数列 一次関数をテストするときに必須になるのが等差数列。等差数列とは要素と要素の間の差が等しいもの。 例えば1, 2, 3, 4, 5, 6は等差が1の数列である。等差が2になると、1, …

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー