科学の箱

科学・IT・登山の話題

Network

ERSでスパニングツリーの障害対応

投稿日:

スパニングツリーの現在の設定を確認

#show spanning-tree config
Bridge Priority (hex):      8000
Designated Root:            8000001372F596A3
Root Port:                  Unit:1  Port:11
Root Path Cost:             10
Hello Time:                 2 seconds
Maximum Age Time:           20 seconds
Forward Delay:              15 seconds
Bridge Hello Time:          2 seconds
Bridge Maximum Age Time:    20 seconds
Bridge Forward Delay:       15 seconds
Tagged BPDU on tagged port: No
VID used for Tagged BPDU:   4001
STP Group State:            Active
STP Multicast Address:      01-80-C2-00-00-00

チェックするポイントは以下の2つ。

  • ルートブリッジか
  • Root portがどこか

ルートブリッジであるかを判断するにはDesignated portに自分のMACアドレスが含まれること、もしくはRoot portが存在しないことでわかる。

まず簡単な判別方法であるRoot portから見る。Root portが存在しない場合には以下のようにUnit : 0 Port : 0がアサインされる。これ以外のポート番号が入っている場合にはこのスイッチ上にルートポートが存在する=非ルートブリッジである。

Root Port:                  Unit:0  Port:0

ルートブリッジの判断はDesignated Rootからも判別できる。Desinated RootはBridge Priority+ルートブリッジのMACアドレスから成り立つ。上記の”8000001372F596A3″では”8000″がプライオリティ、”001372F596A3″がルートブリッジのMACアドレスのなる。このMACアドレスからベンダーを検索するとDELLになる。この機器はNortelであるので別のスイッチがルートブリッジにであり、このルートブリッジは1/11でつながっていることがわかる。

ルートブリッジにする

ブリッジプライオリティを変更してルートブリッジにしてみる。ブリッジプライオリティは16進数で指定する。この時0x1000の倍数になることが推奨されている。

(config)#spanning-tree priority 1000

ルートブリッジになっているかを確認したところDesignated Rootが変更され、Root Portがなくなっていることが確認できた。

(config)#show spanning-tree config
Bridge Priority (hex):      1000
Designated Root:            100000230D359000
Root Port:                  Unit:0  Port:0

このMACアドレスが自機のものであるかを確認するためには show vlan ip および show sys-infoが使える。

#show vlan ip
==============================================================================
Vid  ifIndex Address         Mask            MacAddress        Offset Routing
==============================================================================
Primary Interfaces
------------------------------------------------------------------------------
1    10001   10.x.x.x     255.255.255.248 00:23:0D:35:90:40 1      Enabled
2    10002   10.x.x.x      255.255.255.0   00:23:0D:35:90:41 2      Enabled
------------------------------------------------------------------------------ 
#show sys-info
 Operation Mode:        Stack, Unit # 1
 Size Of Stack:         4
 Base Unit:             1
 MAC Address:           00-23-0D-35-90-01
 PoE Module FW:         4.0.0
 Reset Count:           41
 Last Reset Type:       Power Cycle

特定のスイッチについてスパニングツリーから除外

Root PortもしくはDesignated Portを見つける。

該当ポートについて以下のコマンドを入力する。

(config)#interface FastEthernet 1/11
(config)#spanning-tree learning disable

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Network
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

httpでダウンロードするときに途中で終わってしまう件

httpで100MBをダウンロードしているのだが、1MBで勝手に終了してしまう。 とりあえずパケットキャプチャをしてみるとFIN ACKがサーバーから来ているのを確認した。 なんでこれが送られてくるの …

no image

Cisco Prime Infrastructure Training on youtube Part 3

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #11 Monitoring the Health of your Network ネットワーク機器について様々な監視がで …

no image

Cisco Prime Infrastructure Training on youtube Part 2

Cisco Prime Infrastructure Quick Start #8 Leveraging Collected Information ダッシュボードは管理しているネットワーク機器の概要 …

no image

Wireshark 3.0.0

一番の目玉はnpcapの採用。WiFiモニタリングがより進化している。 Related posts:httpでダウンロードするときに途中で終わってしまう件Cisco Prime Infrastruct …

no image

Cascade Profilerを使うときの手順

目的を明らかにする 自分が何のデータを必要としているのかを明らかにするために、目的をはっきりさせる。目的はS+Vで記述する。 Sは場所+サービス + 情報の種類とする。場所はネットワークが提供している …

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー