科学の箱

科学・IT・登山の話題

IT

zabbixでsmtpをactionで利用する際の注意点

投稿日:

zabbixではトリガーイベントが発生した際にアクションとしてsmtpメールを送信してユーザーに連絡をすることができる。このときネットワークの設定が不完全だとエラーになる。

OS側でネットワークの障害が回復すればzabbix側のアクションも正しく実行されメールが届くはずだが、そのまま障害がzabbix側でのみ残ることがある。

おそらくzabbix-serverが起動した際にソケットが作られ、このソケットがそのまま残っているためにOS側でのネットワーク障害の解消がうまくzabbixに伝わらないのではないかと考えられる。

zabbixでsmtpをただしく実行するためにはOSをリブートするか、もしくはzabbix-serverをrestartすればよい。

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-IT
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows Security Updateのスケジュールについて考えてみる

MicrosoftからはWindows Security Updateは毎月第二火曜日に公開される。日本では時差の関係上第2水曜日もしくは第3水曜日となる。 セキュリティ情報リリース スケジュール W …

no image

gitで日本語が3ケタのコードになってしまうときの対応

git config –global core.quotepath false Related posts:経験なしでVMWare WorkstationをインストールするError code: s …

no image

ssl_error_no_cypher_overlap

Firefoxで突然出るようになったエラー。SSLで接続をするといくつかのサイトで”Secure Connection Failed”のエラーが出てくるようになった。 Secu …

no image

fingで監視をする

fingにより定期的にLANにつながっているホストについて一覧を記録する。 インストール fingはこちらからダウンロードできる。ダウンロードしたファイルを実行すればインストールされる。途中でパスに追 …

no image

Printer MIBのメモ

エラーコードの取得 # snmpwalk -v1  -c public nn.nn.nn.nn .1.3.6.1.2.1.25.3.5 HOST-RESOURCES-MIB::hrPrinterSta …

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー