科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

グリッドサーチ

投稿日:2018年4月30日 更新日:

機械学習のアルゴリズムを利用する際に一つの問題がパラメータの最適化。例えばSVMではガンマパラメータを適切に設定しないと結果は使い物にならないことがある。このパラメータは自分で設定する方法もあるが、Pythonではグリッドサーチと呼ばれる機能が用意されている。このグリッドサーチを利用すれば各機械学習に最適なパラメータが簡単に取得できる。

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

配列のインデックス

インデックスとは配列に対して[]で要素を抜き出す方法である。 マニュアルは以下になる。 Indexing Indexing Routines インデックスの方法としては以下がある。 整数値を使ったイン …

no image

jupyterで補完機能をつかう

まずはnbextentionsをインストール conda install -y -c conda-forge jupyter_contrib_nbextensions 次にnbextentionsタブ …

no image

dataframe形式で便利なのはいろいろなメソッドが用意されているから

dataframeにすることのメリットは何かといわれると、dataframeにしたとたんに様々な処理をメソッドで実行できるからである。 例えば値がNaNになっていると、処理を進めるうえでいろいろな問題 …

no image

automated the boring

まずは肩慣らし print(‘Hello world!’) print(‘What is your name?’) # ask for their na …

no image

単回帰でデータフレームの形式を整える

values.reshape(-1, 1)が必要。 Related posts:SIGNATE お弁当の需要予測-4kaggle Titanic Tutorial – 5Pillowのインストールは成 …

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

side bar top



最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー