科学の箱

科学・IT・登山の話題

Python

SIGNATE お弁当の需要予測-4

投稿日:2018年5月17日 更新日:

今回はSeabornのpairplotを利用して相関の概要を見てみる。ただし相関を見るためにはデータのクレンジングが必要。

まずはnullデータのヒートマップを確認してみる。


sns.heatmap(d_train.isnull(),yticklabels=False,cbar=False,cmap='viridis')

次にデータのクレンジング


d_train_w=d_train.fillna({'kcal':0})
d_train_w = d_train_w.drop('event', axis=1)
d_train_w = d_train_w.drop('remarks', axis=1)
d_train_w = d_train_w.drop('precipitation', axis=1)
d_train_w = d_train_w.drop('name', axis=1)
d_train_w = d_train_w.drop('payday', axis=1)

データのフォーマット確認


d_train_w.head()

もう一度ヒートマップで確認


sns.heatmap(d_train_w.isnull(),yticklabels=False,cbar=False,cmap='viridis')

ペアプロット作成

sns.pairplot(d_train_w)
sns.pairplot(d_train_w, hue='weather')

 

 

メタ情報

inarticle



メタ情報

inarticle



-Python
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

automated the boring – day5

さて、ここまででフロー、文字列、型、ファイル等を扱い、基礎プログラミングとしては一段落できた。 今日からは後半戦にはいり、開発をするうえで実践で必要になる技術を学んでいく。 まずはデバッグからである。 …

no image

dataframeで条件を付けて要素を返す方法

前回の続きから。 dfは現在以下のようになっている。 W X Y Z A 2.706850 0.628133 0.907969 0.503826 B 0.651118 -0.319318 -0.848 …

no image

pythonからgoogle translateを使う

まずはパッケージをpip経由でインストール pip install googletrans これで完了。あとは利用するだけです。 日本語を英語に翻訳するとき。 translator = Transla …

no image

Scrapy – Tutorial

Tutorialはこちら https://doc.scrapy.org/en/latest/intro/tutorial.html 特に難しい点はないがいくつかポイント spidersディレクトリはプ …

no image

配列のインデックス

インデックスとは配列に対して[]で要素を抜き出す方法である。 マニュアルは以下になる。 Indexing Indexing Routines インデックスの方法としては以下がある。 整数値を使ったイン …

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

side bar top



アーカイブ

カテゴリー